賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?


子どもたちの勉強スタイルとして注目されている「リビング学習」。パパ・ママが家事をしつつ子どものサポートができる点が高評価です。
「リビング学習」を成功させる間取りづくり、そのポイントのひとつがキッチンレイアウトをどうするか。おすすめの二つを紹介します!

このコラムでわかること

  • リビング学習のメリット
  • 間取りはリビング+キッチン=オープンキッチンが前提
  • 発展学習にもいい「アイランド型」「ペニンシュラ型」がおすすめ
  • 生きる力も自然につく「リビング学習」

リビング学習のメリット

かつて家における子どもの学習場所と言えば、個室の子供部屋+学習机でした。
小学一年生になったらランドセルに加え、学習机を買ってもらうのが定番でしたよね。
しかし、ここ近年はその定番にも変化が起きています。
学習机を買って個室で勉強させるのではなく、家族が集まるリビングで勉強をすると、より賢い子に育つというのです。

それは

・保護者の目があることで勉強に対しての意識が向上する
・おもちゃや趣味のものなど、気が散る個人所有物がない
・わからないことがあっても保護者とのコミュニケーションを通し解決できる

から。

特に保護者とのコミュニケーションは大切なポイント。
単に目の前の問題がわかるだけでなくいわば親によるマンツーマン指導で、さらなる弱点発見・補強や発展学習ができるからです。
「リビング学習」を成功させる間取りづくりには ・テーブルの位置 ・照明について ・収納について 他、たくさんの視点が必要ですが、今回は「キッチンレイアウト」に注目してみましょう。

間取りはリビング+キッチン=オープンキッチンが前提

小学生以上が宿題(や塾の課題)に取り組む場合、その時間は平日午後から夕刻、夜。
それは家庭的には夕食の準備の時間です。
ですから「リビング」といえども、そこには開放的なキッチンがあることが前提です。
キッチンがある場所がリビング・ダイニング(LD)に開放されているこのような間取りは「オープンキッチン」とも呼ばれます。

しかし「オープンキッチン」とひとくちに言っても、そのレイアウトは千差万別。
壁付でLDに背を向けているI型キッチンやLDに対して横向きに備え付けられたキッチンもよく見られます。
そんなレイアウトの中で今回おすすめするのは「アイランド型」と「ペニンシュラ型」。
それぞれ、アイランド=島、ペニンシュラ=半島、という意味で、部屋の中でそう見えるのでついた呼び名です。
(アイランド型について詳しくは→「アイランド型」キッチンとは?メリット、デメリットは?

深く学習するのに向くのは「アイランド型」「ペニンシュラ型」

「アイランド型」「ペニンシュラ型」このふたつは両方とも対面式で、リビング学習に親が関わりやすい形です。
さらにキッチンの周りに障害物がないため、子どもがいるテーブル(カウンター、長机でも)への行き来がしやすくなっています。

写真はクレバリーホームのペニンシュラ型キッチンのプラン例。
キッチンで料理をするママからも、ダイニングで寛ぐパパからも、子どもの様子が良く見えるレイアウト。
スタディコーナーは幅をたっぷりとった二人掛けの造作デスクです。

余談ですが、このようにPCもリビングに設置することで、誰でも安全にインターネットが使えます。

もうひとつおすすめの「アイランド型」キッチンの特徴は、周囲を「回遊」できる点。
誰でも、どこからでも料理に関わりやすい形なので、机上での勉強が終わった後も、引き続きお手伝いを通して「食育」の時間を持ちやすくなります。

次の写真はクレバリーホームで建てたお家の実例ですが、アイランド型キッチンの前に学習スペースをもうけた例です。
リビング学習ではキッチン前に食卓も兼ねた大きいテーブルがあり、それを利用するのが一般的ですが、この例では学習者の前に壁があるため学習に寄り集中する環境が確保されています。
「リビング学習」の発展例とも言えますね。

まとめ~生きる力も自然につく「リビング学習」~

「学習」と聞くと机上での学習のみを想像しがちですが「食育」も立派な学習です。
宿題が終了した後は、料理や後片付けのお手伝いを通して、例えばその料理がどこで生まれたか、その食材の名前や分類は何か、包丁などの器具の扱いや作られ方について…など、家庭学習の教材に事欠かないのが「リビング学習」です。

大学入試も変わることが決定しました。
将来は覚えたことをテストされるというより与えられた素材から「何をどう考えるか」「どう表現するか」を問われる試験になっていきます。
もちろん入試だけでなく、人生においてはコミュニケーション力や生活力など「生きる力」が何よりも大切です。
自然と子どもたちを育むことができる「リビング学習」のエッセンスを、お家に取り入れてみてはいかがでしょうか。

子どもが育つ家。クレバリーホーム。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

「アイランド型」キッチンとは?メリット、デメリットは?
「子供部屋のレイアウト&収納 ポイントは「作り込まない」!」「梅雨でも洗濯が楽しい家 3つのポイント
キッチン掃除がラクになる、必須3アイテムとは?

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
夏の光熱費ダウンに「遮熱」「断熱」「気密」が役立つ!

暑い夏はエアコンの大活躍時期。光熱費も気になりますね。消費電力抑制に

ベッドの「サイズ」&「周囲に必要なスペース」は? 

寝室づくりで後悔することの一つが「ベッド周りのスペースが狭すぎる!」

泥棒を防ぐ!「侵入しにくい家」3つのポイント

日本では、一日平均126件もの「侵入窃盗」が起きています。前回のコラ

賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?

子どもたちの勉強スタイルとして注目されている「リビング学習」。パパ・

無垢材か集成材か? 強いのはどっち?

木造住宅にするなら、その材料にもこだわりましょう。 住宅に使われる木