建築材料・木、鉄、コンクリート。どれがいちばん強い? | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

建築材料・木、鉄、コンクリート。どれがいちばん強い?


住宅を作る材料としてメジャーな木、鉄、コンクリート。
万が一地震や火事などが起きても命を守るため、家にはできるだけ強い材料を使いたいですよね。
さて、この3つのうちいちばん「強い」材料はどれなのか。
データで見ていきましょう。

このコラムでわかること

  • 地震がなくても、家は毎日多くの力を受けている
  • 同じ重さの木・鉄・コンクリートの強さを比較すると?
  • 同じ強度なら木の家が一番軽い
  • 木は年々強度が増す?!
  • まとめ~木は火災にも強い!~

地震がなくても、家は毎日多くの力を受けている


地震など外部からの大きな衝撃で家がダメージを受けるということは、どなたも比較的イメージしやすいと思います。
しかし、地震がなくても、家は毎日たくさんの力を受け、それに耐えているのです。
例えば、家自体の重さや家の中にある家具や人の重さで、常に上から圧迫されます。
また、道路を通る車や人から受ける振動、積雪による重み、地下水の圧力などで横からもプレッシャーを受けています。
そのため、最低限安全な家を建てるための法律・建築基準法では、「建築物は自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の振動及び衝撃に対し安全な構造でなければならない」と規定されています。
具体的に建築材料を考えた時、こういった様々なプレッシャーに打ち勝つためにはとくに「引っ張る力」「押す力」に強いことが大切になってきます。

同じ重さの木・鉄・コンクリートの強さを比較すると?

同じ重さなら、木・鉄・コンクリート、どれがいちばん強いのでしょうか。
百聞は一見にしかず、さっそく、建築材料としてメジャーな木(木造)、鉄(鉄骨造)、コンクリート(RC造)のデータを見てみましょう。

まずは「引っ張る力」について、強いのはどれなのでしょうか。

なんと木は鉄の約4倍、コンクリートの約35倍強いことがわかります。
これまでは木よりも鉄、鉄よりもコンクリートが強いのでは、と思っていた方も多いのではないでしょうか。
こと、引っ張る力においてはこんなにも違いがあるのですね。

次は「押す力」。圧縮に対する強さを見ていきましょう。

木は鉄の約2倍、コンクリートに至っては約9倍も強いんです!
こちらも意外な結果だったのではないでしょうか。

同じ強度なら木の家が一番軽い

十分な力を持った木ですが、家にしたときの重さという点でもメリットが大きいのです。
先ほどのグラフは「同じ重さ」で測った力の違いでした。
つまり、強さの値を等しくすれば
軽い順番は ①木 ②鉄 ③コンクリート、ということになりますよね。

家が軽いとどんなメリットがあるのかというと、
①地盤にやさしい→自重による地盤沈下などがない
②地震に強い→軽い家は振動エネルギーの影響を受けにくい

ということになります。

さらに、軽く、扱いがラクになるので、人件費その他コストが安くなります。

木は年々強度が増す?!

さらに、木には他の材料にはない特徴があります。
それは、年月を重ねるごとに「強くなる」という魔法のような性質です。
木は伐採されてから組織が結晶化していき、ちょうど伐採時の樹齢をめどに最も強度が増すのです。
他の材料では経年劣化により強度が落ちていくことはあっても、さらに強くなることはありません。
建てる時点でも十分強い家が、年月とともにさらに堅牢になっていくなんて驚きですよね。

まとめ~木は火災にも強い!~

統計によると、現在日本の一般住宅で一番選ばれている工法は「木造建築」です。
これまでのデータを見れば、その理由の一端がわかりますね。
今回伝えきれませんでしたが、木材にはその他たくさんのメリット・魅力があります。
ひとつだけ、追加でお伝えすると木材は「火に強い」のです。
鉄、コンクリートに比べて木が一番弱い(燃え落ちやすい)のでは???と思う方も多いはずですが、実は違うんです!
その比較データについてはこちらの記事→木造VS鉄骨 火災に強いのはどっち?でぜひお読みください。
安全で、暮らしやすくて、コストも◎の木造住宅、ぜひ検討してみてくださいね!

災害に負けない、家。クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

木造VS鉄骨 火災に強いのはどっち?
地震に強い家はどれ?木造・鉄骨造・RC造の特徴
台風に強い家は3つのポイントで見極める!
外壁タイル「丈夫で長持ち」は本当?
木造住宅は「金物(かなもの)」の強さに注目!
「木材トレーサビリティ」とは?安全で強い木材を使おう

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
非常時用に貯水ができる「マルチアクア」、「エネファーム」 ちょっと気になる家電の話

来るかどうかわからない、でも備えておきたい。災害用備蓄は面倒な手間を

平屋の間取り「夫婦を楽しむ」二人暮らしプラン

ファミリーでも、単身でも、夫婦暮らしでも住みやすいのが「平屋」。家族

アイロンがいらなくなる?LG社「スタイラー」 ちょっと気になる家電の話

スーツや制服。毎日着なくちゃいけないが簡単には洗濯できず、何よりアイロ

家も「お試し」! 体験宿泊のチェックポイントはココ!

服は試着、車は試乗できる。でも、人生で一番高い買い物の「家」は…?

シニア世代×「平屋」、「階段なし」だけではないおすすめの理由

腰が曲がっても、一歩が踏み出しにくくても、車椅子でも、移動しやすく使