差額別・新築人気オプション「エクステリア・外装をグレードアップ!」編 | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

差額別・新築人気オプション「エクステリア・外装をグレードアップ!」編


新築住宅で「グレードアップしておいてよかった!」と満足度の高い設備は? 目安金額とともにお伝えするシリーズ、今回は「エクステリア・外装」編です。

このコラムでわかること

  • 「グレードアップ」=「贅沢」ではない
  • 10~20万円/電動シャッター、高級陶器瓦
  • 30万円~50万円/ウッドデッキ、防犯ガラス&防犯システム
  • 100万円~/太陽光発電システム、発電システムつきカーポート

「グレードアップ」=「贅沢」ではない

家づくりでは決めなければいけないことが星の数ほどあります。
家の構造、間取りなどの基本的なことはもちろん、トイレ、キッチン、お風呂といった設備、屋根素材、床材、壁紙、サッシの種類や窓枠の色などなど…。
これらを一つ一つ、ゼロから考えていくのは時間も手間もかかるため、多くのハウスメーカーはいわゆる「標準設備」を用意しています。
この「標準」を土台に、アップグレード・ダウングレードしながら考えれば、とても合理的。
また「標準」として多くの採用があればコストも抑えられ、その分お客様に還元もできます。

一方、家は非常に個人的なものなので「ここだけは譲れない!」というポイントもあります。
その場合はオプションとして望むものを採用することになります。
基本的にはグレードアップということになり差額が発生するので「贅沢」と思われがち…ですが、これは「贅沢」ではありません。
こだわりのあるポイントはその人の生活、暮らし方の個性そのもの。
そのポイントを我慢してしまうと、家の使い勝手の悪さに直結してしまうことが多いからです。
特に後から替えがきかないところについては妥協せず、ご自分がベストだと思うものを選んでおきましょう。
それでは、採用して良かった! という声が多いオプション設備、今回は外回りのモノを値段順に見ていきたいと思います。

10~20万円/電動シャッター、高級陶器瓦

★電動シャッター/3か所 約15万円※予算は全て概算。以下同


これまで手動だった人が必ず感動するのが「電動シャッター」です。
シャッターには防犯、雨や冷気を防ぐ、虫の侵入を防ぐなど、多くの機能がありますが、開け閉めはいちいち窓を開けるか、外に出るかしなければなりませんでした。
電動なら、窓を閉めたままスイッチ一つで室内から開閉ができます。

さらに余裕があれば「タイマー式」にしておくのもおすすめ。
寒く暗く危ない夜は閉まっているけれど、朝日が出るころに自動で開いてくれれば目覚めもスッキリです。

★高級陶器瓦へグレードアップ 約20万円


クレバリーホームの家は標準でも質の高い陶器瓦を採用していますが、グレードアップするとさらにデザイン性が高くなります。
メンテナンス性もさらに高くなり、メンテナンス費用がとても少なく済むためトータルでのコスト回収もばっちり

30万円~50万円/ウッドデッキ、防犯ガラス&防犯システム

★ウッドデッキ/2坪 約30万円


家族との時間、趣味の時間を楽しむなら絶対におすすめなのがウッドデッキ。
バーベキューをしたり、ガーデニングをしたり、暮らしにゆとりと楽しみが増えます。
特にアウトドアの趣味があるご家族には用具のメンテナンスコーナーとしても便利に使っていただけます。

★防犯ガラス+防犯システム 約45万円


泥棒はドアや窓から侵入します。ガラスを防犯対応にしておくことでこじ開ける時間がかかるため、泥棒が侵入をあきらめます。
(詳しくは→防犯対策「侵入しにくい家」を作る3つのポイント
さらに防犯システムも併用すると大切な家族、家を守るために防犯を強化でき安心です。

100万円~/太陽光発電システム、発電システムつきカーポート

★太陽光発電システム 約100万円/3kW


災害時でも自家発電システムがあればとても安心です。
太陽が出ていさえすれば常に発電できるので、毎日の生活でも発電した分を電力会社から買わずに賄えます。

★太陽光発電システム搭載カーポート 約220万円


大切な愛車を日差しや雪などから守るだけでなく、発電までしてくれる「働くカーポート」
ハイブリッド車や電気自動車とも相性抜群です。

まとめ~「メリハリ」で必要なところだけをオプション採用~

予算がある家づくりの中で、あれもこれもグレードアップするのは現実的に難しいものです。
また、何もかも最先端のモノにグレードアップしても、かえってジャマになったり、不必要な機能が使いこなせないなどストレスの元になることもあります。
しかし、先ほど述べたように、絶対に我慢してはいけないのは「こだわりがある場所」
特にこだわりがない場所は標準を採用、場合によってはモノを減らしたりグレードダウンしたりすることも検討してみて、お金をかけるところ、かけないところの整理を行いましょう。
家づくりも「メリハリ」がとても大切
せっかく建てる家が、あなたの生活時間のクオリティを上げてくれるように計画するには専門家の力も必要です。
信頼できるハウスメーカーに、何でも相談してくださいね!

適正コストで、良い家を。クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

外壁タイルは本当に「メンテナンスフリー」なのか?
長期優良住宅とは?認定のメリット
片付く家のヒミツって? 最新設備でお掃除ラクラク★
住宅ローンの「手数料」は意外と高額! 知っておきたい目安金額

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
瓦は地震に弱いのか?最新瓦事情まとめ

日本の伝統的な屋根材・瓦。「地震に弱いんでしょ瓦は…」と思っていませ

【消費増税】消費税率10%で「すまい給付金」が変わる!

すまい給付金は、家を買う時に生じる消費税分の負担を軽くするための国の

「今すぐ」VS「頭金を貯めてから」購入シミュレーション!【家の買いどきはいつ?③】

人生で最も高い買い物と言われるマイホーム、その買いどきはいつなのかを探

【2018年度版】「金利」「地価」見通しは?【家の買いどきはいつ?②】

家づくりの資金計画に最も直接的な影響を与える「金利」や「地価」。 20

【消費増税】消費税8%に間に合う家づくり、2018年何月に始めればいい?

2019年10月に消費税率アップが予定されています。多額になる家づくり