繰り上げ返済の「期間短縮型」「返済額軽減型」、違いは?

住宅ローンの返済期間に家計の状況が変わり、余裕資金が出てきたなら、ぜひ検討したいのが「繰り上げ返済」です。
「繰り上げ返済」とはその名の通り予定よりも早めにローンを返していくこと。
そのメリット、種類について見ていきます。

 

このコラムでわかること

  • 「繰り上げ返済」とは
  • 「期間短縮型」と「返済額軽減型」
  • まとめ

「繰り上げ返済」とは

「繰り上げ返済」とはある程度の額をまとめて返済することで、予定よりも早く住宅ローンの残金を減らすこと。
残金が減れば利息が減るので、返済総額が減ることが最大のメリットです。
長い返済期間の間はずっと利息がかかるので、金銭面から見れば住宅ローンは「早く返す」ほど有利。
特に借りた初期の段階で効果的に利用すると、総返済額が大きく減ることもあります。

住宅ローンは長い期間に渡り返済しているので、当初と家計の状況が変わるのは当然のことです。
・「繰り上げ返済」に回してよい余裕資金が出てきた
・必ず支出しなければならない住宅ローンを少なくしておきたい
という変化があった場合、検討してみましょう。

「期間短縮型」と「返済額軽減型」

まず、「繰り上げ返済」の種類についてしっかりおさえておきましょう。
「繰り上げ返済」については次の二種類があります。

ひとつめは「期間短縮型」

毎月の返済額を変えないかわりに、返す期間を短縮することができる方法です。
金利は残りの金額・時間の大きさに比例しますから、返済総額を減らすことができます。
早く返し終わることができるので、「借金を抱えている」という心理的な負担が減ることもメリットの一つと言えるでしょう。
【図】期間短縮型_繰り上げ返済

もうひとつは「返済額軽減型」

返済期間を変えない代わりに、毎月の返済額を減らす方法です。
返済総額は減りますが、その減り方は「期間短縮型」に比べると小さくなります。
下の図で見るとわかりやすいのですが、利息がかかってくる残金と期間の減り具合が小さいからです。
毎月の家計で必ず支出しなければならない住宅ローンの比重を小さくし、その分をフリーなお金にしたい場合に向いています。
【図】返済額軽減型_繰り上げ返済

まとめ

多くのメリットがある「繰り上げ返済」ですが、「してよかった!」という人がいる一方で実は「よく考えておけばよかった…」という人もいます。
「繰り上げ返済」で気を付けておきたいポイントについては次回解説します。

繰り上げ返済、3つの注意点は「お金」「期間」「精神面」!

こちらの記事も読まれています

住宅ローンは金利と返済方法が違うだけで、返済金額にこんなに差が出る?!
賢い住宅ローンの返し方を知りたい方はこちら
→ 住宅ローンの賢い返済方法|金利×返済方法で差が出る借り方・返し方

住宅ローンの借り換えって本当にお得?低金利時代にあった住宅ローンの考え方を知ろう。住宅ローンの借り換えについて詳しく知りたい方はこちら
→ 「借り換え」で350万円もの差?! 低金利時代の住宅ローンの考え方

住宅ローンのご相談もお気軽にどうぞ。クレバリーホームの公式サイトはこちら♪

 

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
二世帯住宅は防音対策でトラブルレス!

二世帯住宅で失敗しないために大切なポイントはなんでしょう。 間取り?

建築材料・木、鉄、コンクリート。どれがいちばん強い?

住宅を作る材料としてメジャーな木、鉄、コンクリート。 万が一地震や火

「平屋」、知っておきたい4つのメリット

二階がなく、一階部分にそのまま屋根が載っている「一階建ての家」、それが

木造VS鉄骨 火災に強いのはどっち?

空気が乾燥してくる季節、恐ろしいのが火災です。 何となく火に弱いイメ

洗濯物、片付けたいなら「動線を見直す」!

洗濯物がいつもどこかにたまってる…そんな「片付かない家」の理由は「