補助金が出る!?住宅の新スタンダード「ZEH(ゼッチ)」とは

いま家づくりを検討中の人なら、インターネットや住宅展示場などで「ZEH」という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。エネルギーがゼロで暮らせるとか、「未来の家」とか言われていますが、実際はどんな家で、どのようなメリットがあるのか、わかりにくいですよね。そこで今回は「ZEH」について、わかりやすくご紹介します。

補助金が出る!?住宅の新スタンダード「ZEH(ゼッチ)」とは

この記事でわかること

  • 「ZEH(ゼッチ)」ってどんな家?
  • 「ZEH(ゼッチ)」で補助金がもらえるって本当?
  • 断熱性を高めて消費エネルギーを減らす
  • 効率性の高い機器も省エネ化に有効
  • 創エネは、太陽光発電システムが中心
  • 「ZEH(ゼッチ)」は家計の面でもメリットが

「ZEH(ゼッチ)」とはこんな住宅

「ZEH(ゼッチ)」とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)で0(ゼロ)になる住まいのこと。わかりやすく言えば、使うエネルギー量よりも創るエネルギー量が上回る住まいです。

昔の暮らしや家は、エネルギー消費量が少なく環境負荷が低いものの、暑さや寒さを我慢しなければなりませんでした。それに対して現代の暮らしや家は快適で便利な一方、多くのエネルギーを消費します。そこで、快適さや便利さを保ちつつ省エネ化を図り、限りある資源を大切にする。さらに、必要な量のエネルギーは、環境負荷がない形で創り出すことが求められます。こうした背景から生まれたのが「ZEH」というわけです。

ちなみに、一次エネルギーとは、化石燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーのことで、これらを変換・加工した電気・灯油・都市ガスは二次エネルギーといいます。家庭では空調・給湯・照明・換気など二次エネルギーが多く使われますが、それぞれ異なる単位(kWh、ℓ,MJ等)で使用されているため、そのままでは「使う」と「創る」のエネルギー収支を計算できません。そこで、それぞれを一次エネルギー消費量に換算した上で収支を計算します。これによって、住まいの総エネルギー消費量をひとつの単位(MJ:メガジュール、GJ:ギガジュール)で表すことができます。

 

ZEHとは

「ZEH(ゼッチ)」で補助金がもらえるって本当?

昨年までは、ZEH住宅には国による補助金が出ていました。
しかし、残念ながら、国によるZEH補助金は2016年度で終了となっています。

現在の日本の住宅は、建て替えが前提のいわゆるスクラップ&ビルドとなっており、住宅の寿命は一般的に見て30年あまり。
日本政府としては、この住宅の寿命を延ばす方向で施作を進めていくようです。
つまり、リフォームへの補助金は増えると思われますが、新築住宅に対する補助金は、あまり設定されないと予測されるのです。

その一方、国の方針としては、2020年までに新築住宅の50%をZEH住宅にしようとしています。

その目標を実現するためには、現在の価格帯だとなかなか難しいと思われます。
そこで、住宅メーカー各社は、ZEH住宅の普及に向けて、キャンペーンや低価格化などの手を打とうとしている状況です。
ですから、補助金は期待できませんが、住宅メーカー各社のキャンペーンで、ZEH住宅をお得に建てられる可能性が高いです。

今後、発表されるであろう各社のキャンペーン情報等は要チェックです!

断熱性を高めて消費エネルギーを減らす

では、快適性を損なわずにゼロ・エネルギー化を実現するには、どうすればいいのでしょう。そのひとつ目のポイントが、断熱性能を高めることです。夏の暑さや冬の寒さを屋内に伝えず、また冷暖房の熱を逃がさない家であれば、使うエネルギーの量を抑えられますよね。

住まいの断熱性は、かつてはC値やQ値という数値で表していましたが、現在ではより正確な断熱性を表すUA値(外皮平均熱貫流率)という数値を使います。要は、この数値が小さいほど断熱性に優れた住まいなのです。現在、2020年義務化予定の省エネ基準では断熱性能の基準がUA値=0.87であるのに対し、ZEH(ゼッチ)では0.6以下が求められます(「平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」における補助金の基準/4~7地域の場合)。断熱性を高めるためには、壁だけでなく、天井、床、そして熱の出入りが最も大きい窓などの開口部も断熱仕様にする必要があります。

住まいの断熱

効率性の高い機器も省エネ化に有効

家庭でのエネルギー消費を減らす上で、もう一つ有効な方法が、住宅設備の省エネルギー化です。例えば「高効率エアコン」を採用して冷暖房効率を高めるといった具合です。でも実は、家庭で消費するエネルギーのうち暖房は約25%、冷房はたった2%程度です。それに対して、より多くを消費するのが給湯で、さらに全体の1/3以上を占めるのが照明や家電品なのをご存知ですか。つまり、お風呂などの給湯設備や照明にも省エネ機器を採用することで、さらにエネルギー消費を減らせるのです。また、使う電力を見える化し、効率的で賢く使えるように「HEMS」(ヘムス/ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を採用することも使うエネルギーを減らすうえでは大切になります。

ZEHの省エネ機器

 

創るエネルギーは、太陽光発電システムで

使うエネルギーをいくら減らしても、現代の住まいでは使うエネルギーをゼロにすることはできません。ZEH(ゼッチ)を実現するためには、使うエネルギーを賄うだけのエネルギーを創り出さなければなりません。そこで、一般住宅でエネルギーを創り出すものとしてもっとも普及しているのが「太陽光発電システム」です。発電量が大容量になるほど導入コストが高額になりますが、家の断熱性と省エネ化を高めれば、少ない搭載量でゼロ・エネルギーを達成することができます。

太陽光発電システムで創った電力は、家で使うエネルギーを賄いつつ、余った電力は売ることができます。

また太陽光発電は、自然にあるエネルギーを使っているうえ、石油における二酸化炭素のような環境に負担をかける排出物もありません。まさにエコロジーの観点からも◎なシステムなのです。

 

太陽光発電システム

「ZEH(ゼッチ)」は家計の面でもメリットが

エネルギー・ゼロの家は、当然、使うエネルギーが少ないので毎月の光熱費が非常にオトクになります。
ZEH(ゼッチ)住宅いしたところ、光熱費が1/3になったといった例もありますし、プランによっては10年間で200万円以上、光熱費が安くなる試算もあります。

クレバリーホームの事例では、1992年(平成4年)の省エネルギー基準の住宅と比べ、「ZEH(ゼッチ)」では60%も冷暖房費が削減できたケースもありました。

国としても、2020年までにZEH(ゼッチ)を標準な住宅にしようという目標を立て、平成28年度も補助金制度を実施して、ZEH(ゼッチ)の普及促進を行いました(平成28年度の補助金の申請は終了しています)。なお、次の平成29年度の補助金については今のところ未定ですが、最新の情報やこのページで解説した内容に関しては、お気軽にお近くのクレバリーホームにお問い合わせくださいね。

おすすめ記事

「ZEH(ゼッチ)」でも大活躍!太陽光発電の本当ところが知りたい方はこちら。
→ 太陽光発電は元が取れる?|太陽光発電の収支・損得

「ZEH(ゼッチ)」と合わせて使用したい!お掃除ラク、調湿・防臭・・・高機能タイルについて知りたい方はこちら。
→ 高機能タイルで、快適な住まいづくりを!

キッチン掃除がラクラクに!「ZEH(ゼッチ)」と合わせて検討したいキッチンアイテムについてはこちら。
→ キッチン掃除がラクになる、必須3アイテムとは?

 

クレバリーホームは、ZEH(ゼッチ)の施工実績が豊富なだけでなく、国の認定を受けたZEHビルダーです。また、優れた耐震性や、メンテナンスフリーの外壁タイルの採用など、将来、永きにわたって安心で快適に暮らせる住まいなら、お気軽に質問や相談してください!

クレバリーホーム 公式HP
http://www.cleverlyhome.com/

 

こちらの記事も読まれています

太陽光発電は本当にお得なの?元が取れるの?など、太陽光発電の収支・損得について知りたい方はこちら
→ 太陽光発電の収支・損得|太陽光発電は元が取れる?

住宅ローンは金利と返済方法が違うだけで、返済金額にこんなに差が出る?!
賢い住宅ローンの返し方を知りたい方はこちら
→ 住宅ローンの賢い返済方法|金利×返済方法で差が出る借り方・返し方

一般的なサイディング、職人の技が光るモルタル、高級感があり長持ちする外壁タイル。代表的な外壁材について解説。長所と短所を知りたい方はこちら
→ 外壁材の種類|選ぶなら、これ!外壁材の長所と短所を比較

北欧インテリアって素敵!でも、どうすればソレっぽくなるの?という方、初心者向けの北欧風インテリアコーディネートの基本はこちら
→ 北欧インテリアのポイント|北欧風インテリアコーディネートの基本

住宅ローンの借り換えって本当にお得?低金利時代にあった住宅ローンの考え方を知ろう。住宅ローンの借り換えについて詳しく知りたい方はこちら
→ 「借り換え」で350万円もの差?! 低金利時代の住宅ローンの考え方

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
コンパクトでも開放感。「高い天井」の家

敷地が広くなければ、ひろびろ、のびのび暮らせないと思い込んでいませんか

水回り空間ならではのモノを、出し入れしやすく上手にしまう収納アイデア

洗面脱衣室やトイレといった水まわり空間は、体だけでなく気持ちもリフレッ

最大30万円の「すまい給付金」とは? 申請できる人は?

「すまい給付金」とは住宅を購入した時に、一定の条件を満たしていれば

「花粉症に効く家」。ポイントは「気密」「換気」「玄関まわり」!

いまや春の代名詞になった花粉症。 しかし、原因となる花粉は数種類

「ベタ基礎」は床下の脅威にも有効!

床下が全面、しっかりした鉄筋コンクリートで覆われる「ベタ基礎」。