「布基礎」「ベタ基礎」の違いは? どっちがいい?

基礎TOP
地震が起きても、台風が吹いても、しっかりと建ち続ける家を作りたいのなら、その家を支えている「基礎」に注目しましょう。
一般住宅に用いられる「布基礎」「ベタ基礎」、2種類の基礎について簡単に解説します。

 

このコラムでわかること

  • 住宅建築における「基礎」とは?
  • 「布基礎」の特徴
  • 「ベタ基礎」の特徴
  • 二つの基礎を比較! どちらがいい?

住宅建築における「基礎」とは?

いくつもの災害を経て、私たちが住む一般住宅には、何よりも「安全」が求められています。
何があっても倒れず、壊れず、命を守ることができる家を建てたいですよね。

以前の記事では、そもそも家が建つ「地盤」自体の強さを確保する必要がある、というお話をしました(「地盤」の強さ・弱さとは? 4つの見極めポイント)。
しかし、今回のテーマ「基礎」は、天然物である地盤を整える工事とは違う意味合いを持った「家づくり」の記念すべき第一歩なのです。

家における「基礎」とは、家の重さ(荷重)を地面に伝える部分を指します。
たいへん重たい家からかかる荷重を均等に地盤に伝えることで、沈下したり家が重みで損傷したりしない仕組みです。
現代日本の木造住宅建築では「布基礎」もしくは「ベタ基礎」が採用されるのが一般的です。

「布基礎」の特徴

布基礎とは、建物の壁に沿ってコンクリートを打って作る基礎を指します。
縦に伸びる「基礎梁」部分と、横に広がる「フーチング」部分からなる逆T字型となっています。
布基礎
日本の木造建築住宅では伝統的にこの布基礎が多く採用されてきました。
使う鉄筋、コンクリートが後述の「ベタ基礎」に比べて少ないため、コストが抑えられることがメリットの一つです。

「ベタ基礎」とは

ベタ基礎とは壁部分だけではなく床下全体にコンクリートを打って作る基礎のことです。
ベタ基礎
地盤と接している部分が広いため、家の荷重が分散され、より安定した基礎と言えます。
建物自体が重い場合や軟弱地盤ではこのベタ基礎の採用が必須です。
建物の安全性が注目されるようになってからは、構造の安定性の高さから一般木造住宅での採用も増えています。
布基礎ベタ基礎荷重分散

二つの基礎を比較! どちらがいい?

「布基礎」「ベタ基礎」の特徴をまとめると下記の表のようになります。
基礎比較
一目瞭然で「ベタ基礎」の優位点が多いのですが、場合によっては「布基礎」の採用が適切と考えられる場合もあります。

例えば北海道ではどうでしょう。
日本の多くの土地では、冬には地面が凍ります。
どこまで深く凍るのかを表した指標が「凍結深度」ですが、建築基準法では、この凍結深度よりも深い位置に基礎を作らなければならないと決められています。
地面は凍ると膨張して圧力が強くなるため、基礎より下が凍ってしまうと、基礎が持ち上げられて家の損傷につながってしまうからです。

つまり、北海道では本州などに比べて、より深い位置まで基礎を伸ばさなければなりません。
また、北海道では一般に一部都市部を除いて良好な(固い)地盤が多く、建物が軽い場合などは布基礎でも十分に支えられることができるとされています。
そのため、十分な強度が保てる場合はコスト面から布基礎が採用されることも多いようです。

どちらの基礎が適切なのかは地盤の状況や家の荷重を考えあわせて判断するのが良いようです。

なお、基礎にはもう一つ、床下からの湿気やシロアリなどから家を守る役割もあります。
そのことについては今後の記事でお話していきます。お楽しみに!

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
漆喰、珪藻土…「左官仕上げ」のメリット&デメリットは?

家の内外壁を仕上げる方法の一つに、仕上げ材を職人さんが塗る「左官仕上

夏の光熱費ダウンに「遮熱」「断熱」「気密」が役立つ!

暑い夏はエアコンの大活躍時期。光熱費も気になりますね。消費電力抑制に

ベッドの「サイズ」&「周囲に必要なスペース」は? 

寝室づくりで後悔することの一つが「ベッド周りのスペースが狭すぎる!」

泥棒を防ぐ!「侵入しにくい家」3つのポイント

日本では、一日平均126件もの「侵入窃盗」が起きています。前回のコラ

賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?

子どもたちの勉強スタイルとして注目されている「リビング学習」。パパ・