水回り空間ならではのモノを、出し入れしやすく上手にしまう収納アイデア

P23-24洗面脱衣室やトイレといった水まわり空間は、体だけでなく気持ちもリフレッシュするための場所。だからこそ、いつでも爽やかで清潔感漂うスッキリとした状態に保ちたいものです。

しかし、洗面所や洗面脱衣所は、衣類やタオル類、ソープ類やスキンケアアイテム、トイレットペーパーの買い置きなど、大小さまざまなモノが集まる場所。お客さまを通す場所でもない“日常”の空間だけけに、ついつい乱れたままにしてしまいがち。

そこで、今回は、水回りならではのアイテムたちをきれいにしまいながら、出し入れもしやすい収納の工夫をご紹介します。

このコラムでわかること

  • サニタリーをスッキリさせるコツは、モノの指定席をつくること
  • 使ったタオルを干しながらしまえる、便利なタオル収納
  • トイレの収納は、限られたスペースの有効活用で!
  • まとめ/サニタリーは、量より目的にあった収納がベスト

サニタリーは、モノの指摘席をつくってあげよう

収納は、十分な量を確保することが注視されがちですが、サニタリーのようなさまざまなモノが集まる場所の場合、どこに何をしまうかまで見据えて設計することが大切です。つまり、モノの指定席をつくってあげるのです。

しかし、ただ指定席があればいいわけではありません。例えば、日々使う洗濯洗剤や掃除用具をしまう場所が、収納の奥だったり、しゃがんだり背伸びをしないと取り出せないような位置だと、結局、出し入れが面倒で、外に置きっぱなしになってしまいます。そこで、日々よく使うアイテムには、使う場所のすぐ近くに、且つ見つけやすく手が届きやすい高さと深さで収納をつくってあげましょう。

また、ご家族のライフスタイルを見つめることも重要です。例えば、夜の入浴後や朝のシャワーのあとに、脱衣所ですべての身支度を整える方なら、下着やパジャマなどをしまうスペースも必要ですよね。洗面台をドレッサーとしても使っているなら、お使いのお化粧品の量や大きさに合わせた収納を設けましょう。

クレバリーホームのサニタリー収納。着替えやタオルをしまえるだけでなく、引き出しタイプと脱衣カゴ付きがあり、脱衣カゴを2つ付ければ、洗濯物の白物と色物が分類できるので便利です。また、ご家族の下着やパジャマなどもしまっておけるので、入浴時の着替えもスムーズ。サニタリーの利便性もグンと高まります。

クレバリーホームのサニタリー収納。着替えやタオルをしまえるだけでなく、引き出しタイプと脱衣カゴ付きがあり、脱衣カゴを2つ付ければ、洗濯物の白物と色物が分類できるので便利です。また、ご家族の下着やパジャマなどもしまっておけるので、入浴時の着替えもスムーズ。サニタリーの利便性もグンと高まります。

クレバリーホームの「埋め込み収納棚」は、オーナーの方々から「採用して良かった」という収納アイテムの一つ。洗剤類の置き場となる洗剤類を洗濯機のそばに置いておきたいけど、ちょうどいい置き場がない、というお悩みに応える収納アイテム。壁に埋め込む収納棚なので出っ張りもなく、スッキリと洗剤類をしまえるのもポイントです。

クレバリーホームの「埋め込み収納棚」は、オーナーの方々から「採用して良かった」という収納アイテムの一つ。洗剤類の置き場となる洗剤類を洗濯機のそばに置いておきたいけど、ちょうどいい置き場がない、というお悩みに応える収納アイテム。壁に埋め込む収納棚なので出っ張りもなく、スッキリと洗剤類をしまえるのもポイントです。

棚板の高さを自由に設定できるクレバリーホームの可動棚。パイプを組み合わせればハンガーを掛けたり、洗濯物の一時干しのスペースとしても便利です。洗濯機の上のスペースを有効活用できます。

棚板の高さを自由に設定できるクレバリーホームの可動棚。パイプを組み合わせればハンガーを掛けたり、洗濯物の一時干しのスペースとしても便利です。洗濯機の上のスペースを有効活用できます。

使用後の濡れたタオルを干しながらしまえる、便利なタオル収納

入浴や洗顔後、使い終わったバスタオルやフェイスタイルは、すぐに洗濯しない限り、まずは乾かしておきたいところです。でも、意外とタオル類の一時置き場って困りませんか? 部屋に持ち込んで椅子の背にかけたりしている方もいるでしょう。

そこで注目なのが「タオル収納」です。複数のハンガーパイプがあり、家族それぞれのバスタオルが掛けられます。ふだんは折りたたんでコンパクトになり、タオルを取り出すときや、掛けて乾かしたいときはパイプを広げられる仕組みになっているのもポイントです。

クレバリーホームのタオル収納は、4人分のバスタオルが掛けられます。便利なフェイスタオルの収納も備えています。

クレバリーホームのタオル収納は、4人分のバスタオルが掛けられます。便利なフェイスタオルの収納も備えています。

また、フェイスタオルをしまっておくのに便利な収納もあります。洗って畳んだフェイスタオルは上へ積み重ねて収納するのは一般的な収納と同じですが、棚板のセンターが開いており、一番下にあるフェイスタオルをそこから下に抜き取れる仕組みになっています。
_RSD163

スペースを取らずにトイレ用品を上手にストックするトイレ収納

スペースに限りがあるトイレですが、実はトイレットペーパーや掃除道具など、しまっておきたいモノが多い場所でもあります。その悩みを解決するのが、「トイレ収納」です。壁面の厚みを利用した埋め込みタイプがオススメで、限られた空間でもスペースに影響しません。
また、オープンタイプよりは、扉を付けたほうが清潔に収納しておけるので安心です。設置する場合は、断熱材が入る外壁面ではなく内壁面の使いやすい場所に設置するといいでしょう。
P25-26_ol

まとめ:サニタリーは、量より目的にあった収納がベスト

住まいが新しくなっても生活習慣はなかなか変えられるものではありません。今までサニタリーをどんな風に使ってきたか、どこに何を置いていたのかを思い出しながら収納計画を立てると、これまでと同じような使い勝手のまま、スッキリとした空間を創ることができます。

また、冒頭にも書いたように、サニタリーやトイレは“日常”の空間だけに、生活感の強い雰囲気なのも、スッキリさを損なう要因です。これを払拭する方法としては、タオル類の折り方や重ねる向きを統一したり、小物も含め、色調を統一したり、洗剤は製品のままの容器で使うのではなく、おしゃれなボトルに移すといった工夫もかなり有効です。最近では、スタイリッシュな詰め替え容器も安価でいろいろな種類が売られているので、ぜひ利用してみてください。

こうしたスッキリと暮らすアイデアが、クレバリーホームのモデルハウスには満載です。今回ご紹介したサニタリーやトイレ収納も見学できるので、お気軽にお近くのクレバリーホームまでご来場ください。

片付けやすくて、いつでもスッキリを保てる住まいづくりなら、クレバリーホーム。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

玄関がスッキリ!
玄関に採り入れたい、人気の「ファミリー玄関」と「土間収納」
オーナーいち押しの「スリッパ収納」と「ニッチカウンター」

廊下やホールがスッキリ!
廊下やホールのデッドスペース活用で、生活動線がギャラリーに変わる!

リビングがスッキリ!
サッと片付くリビング収納術で、ふだんも、急な来客時も安心!

ダイニングがスッキリ!
ダイニングをもっと有効活用できる収納アイデア

キッチンがスッキリ!
キッチンの収納のポイントは「美しさ+使いやすさ」

9ae98d5b7e1778007a622d2c2bf51138_m

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
外壁タイル「丈夫で長持ち」は本当?

外壁タイルは「丈夫で長持ち!」と聞くけれど、本当のところはどうなのか

巾木、廻縁、ドア枠、窓枠。「フチ系」色合わせはこれがセオリー!

お部屋の印象を決めるのは何でしょう。家具でしょうか、壁紙でしょうか。

「ジャパニーズモダン」=伝統+最新デザイン。インテリアのキーワードは?

いつものお部屋が、トレンドのカラーやデザインをちょっと加えるだけで新

外壁タイル、「落下や剥離」の心配はない?

外壁タイルはメンテナンスフリーで美観的にもメリットがあり「理想の外壁

イヤーな結露を防ぐ「外壁通気工法」とは?

寒くなってくると、お部屋の窓に水滴がつきませんか? それは「結露(けつ