「ゆるやかな夫婦別室」3つの間取りアイディア

「夫婦同室ストレス」という言葉をご存知でしょうか。
同じベッドで眠る夫婦が、寝る時間の不一致や互いのイビキで目覚めてしまう…例えばそんなストレスのこと。
このストレスは「ゆるやかな夫婦別室」で解消してみてはいかがでしょう。3つのアイデアを紹介します。

このコラムでわかること

  • 女性は6割以上が「夫婦同室ストレス」を感じている?!
  • ストレスは「ゆるやかな夫婦別室」で解決
  • 別室プラン①引き戸でつなげる
  • 別室プラン②隣接する趣味室(サブ寝室)を作る
  • 別室プラン③可動式の天井までの収納家具で間仕切り

女性は6割以上が「夫婦同室ストレス」を感じている?!


「夫婦同室ストレス」とは、「夫婦が一緒の部屋(やベッド)で眠ることで感じるストレス」のこと。
例えば、睡眠時間がズレているために、眠っていてもパートナーの気配で起きてしまうとか、イビキがうるさくて目覚めてしまうなど、そんなストレスを指します。

2017年にとられたアンケートによれば、寝室を同じくすることでストレスを感じている夫婦は意外に多いことがわかりました。
とくに女性では実に6割を越える人が何らかのストレスを感じています(参考:SUUMOジャーナル夫婦の暮らし方調査[3] 夫婦一緒に寝るのは幸せ?それともストレス?

そのストレスを解消するために、同室でもできる工夫を紹介したのが前回の記事「寝室の「夫婦同室ストレス」とは? 快適に眠るアイデア)」ですが、今回は「別室」を考える人に「ゆるやかな夫婦別室」をおすすめしたいと思います。

ストレスは「ゆるやかな夫婦別室」で解決

先ほどのアンケートによれば、「夫婦は同室で眠るもの」という一般的な思い込みを覆すように「いつも別々の部屋で寝ている」夫婦は約4割もいます。
互いのストレスを減らせる夫婦別室は、家庭生活の一つの立派な選択肢になっているんですね。

しかし、「ベッドルームを別々にしたい」と切り出すのは、なかなか難しいこと。
言う方も、言われる方も、いろいろと考えてしまうもの。
いきなり完全な個室で眠るのではなく、相手の気配をしっかり感じられる「ゆるやかな別室」から始めてみると、安心感を得ながら快眠も得られておすすめです。

典型的な間取りのアイデアは3つ。
最近ではポピュラーな引き戸で部屋同士をつなげる方法趣味室(サブ寝室)を設ける方法、そして可動式の天井まである収納家具を設置する方法です。

別室プラン①引き戸でつなげる

廊下などから直接各部屋に入れるのはもちろん、間を仕切る壁に引き戸を作るプランです。
引き戸は片開きドアとはちがい、開けることによる空間のロスが少ないほか、普段は開けっ放しにして「広い同室」のような雰囲気を作ることができます。
お互いの気配が伝わってきて安心感が生まれるほか、育児中だったり、将来介護が必要になったりした場合でも、互いにすぐに対応できるので便利です。
また、介護という点で言えば、夫婦ではない補助者(常駐ヘルパーなど)のベッドルームとして使うこともできます。
下は引き戸でつながったプラン例です。

別室プラン②隣接する趣味室(サブ寝室)を作る
メイン寝室には二人で眠ることができるベッドを置いておき、眠る時間がズレたり、趣味に没頭したくなったりした場合に、隣にある「趣味室(サブ寝室)」を利用するプランです。
メイン寝室のすぐ隣にある趣味室は、ソファベッドなど簡易ベッドを置ける空間を確保しておきます。
仕事や育児で眠る時間がずれてしまう夫婦、眠る前に趣味に没頭したい時間を持ちたい夫婦に特におすすめです。

別室プラン③可動式の天井までの収納家具で間仕切り
寝室だけに限りませんが、家を建てたりリフォームしたりする機会があれば、お部屋には可変性を持たせ、柔軟に使えるようにしておくのが大切です。
高齢化社会で、夫婦が一緒にいられる時間が長くなった反面、お互いが介護をしたり、外部のヘルパーさんに入ってもらうことも多くなりました。
そういった時に、天井まであるのに簡単に自分たちで動かせる収納家具を設置しておけば、部屋を自由に区切ることができておすすめです。
写真はクレバリーホームの「ムーブクローゼット」。
夫婦同室で広々と使いたい時には壁に寄せておき、ライフスタイルが変わったら間仕切りや目隠しとして使うということができます。

ムーブクローゼットの配置例。部屋を広々と使いたい時は部屋の端に配置しておき、一般的なクローゼットと同様に使用します。


間仕切りとして使いたい時には部屋の中央へ移動します。

また、天井までの移動式家具の導入がすぐに難しい場合は、簡易な間仕切りを使ってみるのもいい方法です。
そういった「同室のままできる工夫」については寝室の「夫婦同室ストレス」とは? 快適に眠るアイディアで紹介していますので読んでみてくださいね。

まとめ~夫婦同室も素敵だけど、別室も悪くない~

夫婦には夫婦の数だけ関係性があります。
同室でないことでストレスを感じる夫婦もいれば、眠る時にはしっかり自分の世界で眠りたい、という夫婦もいます。
また、同室でいたいけれども、子育てや介護、仕事の時間帯の問題で同じ時間に眠れない…というライフステージの変化による悩みもあります。
そんな時に、「ゆるやかな夫婦別室」はささやかな助けになることもあるはず。
ストレスを感じることがあれば、ひとつのアイデアとして参考にしてみてはいかがでしょうか。
また、寝室を一から作る機会があれば、ダブルベッドだけが置ける空間にしてしまうのではなく、複数のベッドや家具を置ける、ある程度広い空間にしておき、さらに家具は可動式にするなど、どんなスタイルにも変えられるようにしておきましょうね。
ベッドのサイズと寝室の関係については「ベッドの「サイズ」&「周囲に必要なスペース」は?」で紹介しています。

あなたの暮らしが「間取り」になる。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

寝室の「夫婦同室ストレス」とは? 快適に眠るアイディア
ウォークインできない「ウォークインクローゼット」の整理方法
賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?
流行のインテリア「フレンチシック」とは?カラーは?アイテムは?

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
外壁タイル「丈夫で長持ち」は本当?

外壁タイルは「丈夫で長持ち!」と聞くけれど、本当のところはどうなのか

巾木、廻縁、ドア枠、窓枠。「フチ系」色合わせはこれがセオリー!

お部屋の印象を決めるのは何でしょう。家具でしょうか、壁紙でしょうか。

「ジャパニーズモダン」=伝統+最新デザイン。インテリアのキーワードは?

いつものお部屋が、トレンドのカラーやデザインをちょっと加えるだけで新

外壁タイル、「落下や剥離」の心配はない?

外壁タイルはメンテナンスフリーで美観的にもメリットがあり「理想の外壁

イヤーな結露を防ぐ「外壁通気工法」とは?

寒くなってくると、お部屋の窓に水滴がつきませんか? それは「結露(けつ