外壁タイルは本当に「メンテナンスフリー」なのか?


マイホームを検討していると、外壁タイルは「メンテナンスフリーですよ!」「メンテナンスは不要です!」という話を聞きませんか。
それは本当なのでしょうか。
「外壁タイルのメンテナンス」について具体的に見ていきましょう。

このコラムでわかること

  • 外壁タイルも「10年に一度」のメンテナンスが必要
  • 他の外壁材に比べ圧倒的にメンテナンス費用が少ない!
  • 「メンテナンスは必要だけど費用は少なくすむ」という言い方が正しい

外壁タイルも「10年に一度」のメンテナンスが必要


タイルは土を板状に焼き固めて作った、陶磁器質の建築材料。
雨にも、風にも、紫外線(太陽)にも強く、外壁はもちろん水回りを中心にした内装用にも使われます。
タイルは素地の質などで、陶器質・せっ器質・磁器質の3種類があります。
なかでも磁器質のタイルは最も緻密で、ほとんど吸水しないため外壁にもよく用いられます。
…と、このように、確かにタイルそのものの耐久性は非常に高く、他の外壁材と比べても丈夫で長持ちです。
→各種実験結果についてはこちら外壁タイル「丈夫で長持ち」は本当?

しかし、外壁タイルだからメンテナンスしなくて良いというわけではありません。
下記のポイントから、他の外壁材と同じように、10 年間に一度程度のメンテナンスが必要です。

①つなぎ目・目地(めじ)の部分が劣化
外壁タイル自体は丈夫で長持ちでも、タイルとタイルのつなぎ目の部分、目地の部分は劣化していきます
つなぎ目や目地の劣化を放置してしまうと、この隙間から内側に水が入ってきてしまいます。
さらにこれを放置しておくと、内側が劣化してしまいます。

②タイルについた汚れのお掃除

外壁タイルには親水性があり、何もしなくても雨が汚れを洗い落としてくれるため汚れにくい外壁材です。
が、さすがに10年も何もせずにおいておくと、部分部分に長い年月で積み重なった汚れが見えてきます。

というわけで、外壁タイルも10年に一度を目安にメンテナンスを行うのがよいとされています。

他の外壁材に比べ圧倒的にメンテナンス費用が少ない!

「10年ごとにメンテナンスなら他の外壁材とあまり変わらないのでは?」と思いますよね。
他の外壁材と違うのは、大がかりなメンテナンスは必要ない、ということです。
他の外壁材、例えばサイディングの場合は、家が置かれた状況によりますが、外装材を全面的に交換したり、塗装をやりなおしたり、といったお金も時間も大きくかかるメンテナンスが必要になる場合があります。

それと比較すれば、外壁タイルのメンテナンスは小さいもの。
劣化した目地の補修や表面の汚れをキレイにするといった内容ですみます。
メンテナンスを重ねれば重ねるほど、費用の差は積もっていくので、住み続ける場合のお金のかかり方が違ってきます。
→具体的な金額の目安、比較はこちら本当に「外壁タイルは高い」のか? 外装材の「トータルコスト」とは

まとめ~「メンテナンスは必要だけど費用は少なくすむ」という言い方が正しい

外壁タイルは、「メンテナンスフリー」=一切メンテナンスしなくていい、というものではありません。
ですから、「永遠にメンテナンスが要りません」というなんて話を万が一聞いたら、「目地やつなぎ目の劣化やお掃除が必要では?」と質問してみてください。
外壁タイルのお家にするなら、専門的な知識と豊富な経験があり、その後のメンテナンスについても気軽に頼める「タイルの専門家」のハウスメーカーに依頼してくださいね。
外壁タイルにすれば、美観(高級感、お掃除レス)や安心(雨風に非常に強い、衝撃に強い)ということだけでなく、メンテナンスコストが安い(住み続けるとお得)というおまけもついてきます。
つまり、外壁タイルについて言うなら「メンテナンスは必要だけど費用は少なくすむ」というのが正解です。

タイルの家ならまかせてください。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

外壁タイル、「落下や剥離」の心配はない?
本当に「外壁タイルは高い」のか? 外装材の「トータルコスト」とは
デザイン&機能性◎!内装「タイル」はこの部屋で使おう
美しき「タイル」、その歴史とは?

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
二世帯住宅は防音対策でトラブルレス!

二世帯住宅で失敗しないために大切なポイントはなんでしょう。 間取り?

建築材料・木、鉄、コンクリート。どれがいちばん強い?

住宅を作る材料としてメジャーな木、鉄、コンクリート。 万が一地震や火

「平屋」、知っておきたい4つのメリット

二階がなく、一階部分にそのまま屋根が載っている「一階建ての家」、それが

木造VS鉄骨 火災に強いのはどっち?

空気が乾燥してくる季節、恐ろしいのが火災です。 何となく火に弱いイメ

洗濯物、片付けたいなら「動線を見直す」!

洗濯物がいつもどこかにたまってる…そんな「片付かない家」の理由は「