「輻射熱」に注目! 快適な暖房選びのポイント

暖房
寒い冬、エアコンやストーブをガンガンつけているのに、何か暖まりきらない…そんな経験、ありませんか。
それは、器具選びだけでなく「家」にも問題があるのかもしれません。
冬でも家じゅうを心地良く暖めるためには、家の性能×暖房器具の組み合わせに注目するのがポイントです。

 

このコラムでわかること

  • 快適暖房は「空気の温度」より「輻射熱」が重要
  • 暖房力と家の「断熱」「気密」「換気」の関係
  • エアコン、ストーブ、床暖房の特徴
  • 快適暖房はヒートショックを防ぐ効果もある

家は「空気」で暖まるわけではない

家の中で「寒い」と感じている時、「空気の温度」を上げればよい、と考える方が多いのではないでしょうか。
実は人が「寒い」「暑い」を感じる時には空気の温度よりも、「自分の体温」と「床、壁、天井の温度」の関係の方が重要なのです。

当たり前のようですが、燃えているものがあれば、直接触れなくても熱さを感じますよね。
このことを「輻射(ふくしゃ)」または「放射」と言います。
物体は、その温度に応じた輻射熱を発しているのです。

人間の体も、身体の表面温度に応じて輻射熱を発していますが、実はこの輻射熱と比べて、床、壁、天井からの輻射熱が低いと寒く、高いと暑く感じるようになっています。
つまり体感温度という点から見れば、エアコンで暖める空気の温度よりも、この床、壁、天井温度の方がより重要なのです。

冬は外気温が非常に低くなります。
家の断熱性が悪ければ、どんなに温めても部屋の床、壁、天井の温度は外に逃げていき、上がりません。
また、エアコンから出てくる空気は、外気よりは温かいけれど体温よりは低いもの。
そのため、「風」となって体温を奪っていきます。
結果「何だかずっと冷える…」ということになってしまうのです。

そのような状況では、暖房器具だけを入れ替えても大きな効果は得られません。
快適な暖房を求めるなら、いったん部屋の断熱性や気密性をチェックしてみるのがおすすめです。
その結果を受けて、器具選びも良い選択ができますよ。
c455f47436258fdc8156eca18f69d402_m

エアコン、ストーブ、床暖房比較!

「輻射」の概念がわかれば、暖房器具の選び方も今までとちょっと違ってくるかもしれません。
それぞれの暖房器具の特徴を見ていきましょう。

★エアコン
省エネ化もとても進み、夏も冷房として使えるので採用率も高い器具です。
温めた空気を送り出して部屋を暖めます。
快適な暖房の考え方は「頭寒足熱」ですから、上にたまってしまう暖かな空気を足元にとどめる工夫(例えばファンを回すなど)が大切です。
また、エアコンを採用するなら、せっかく暖めた空気を逃がさないため、「断熱性・気密性を高める」「換気で熱が逃げないよう工夫する」ことが非常に重要です。
熱は逃がさず、空気だけを入れ替える全熱交換型の換気システムはとくにおすすめ。
家づくりやリフォームでエアコンを入れ替えるなら、ぜひ換気システムも合わせて考えてみてください。

★ストーブ
ストーブは灯油や薪、ペレットや石炭などの燃料を燃やして、空気を暖める暖房器具です。
ですから、薪ストーブなどを想像するとわかるように、それ自体の輻射熱を期待することができます。
見た目にも炎を感じることができ、暖かい気持ちになりますね。
一方で、燃える時に酸素を大量に消費し、煙などで空気を汚しますので、換気が非常に重要になってきます。
また、煙が出るタイプのストーブは家が込み合った都会では近所への配慮から採用しにくいかもしれません。
燃料の保管場所も必要になります。

★床暖房、パネルヒーター
温水やオイル、電熱線などのパネルを床下、あるいは壁に設置して部屋を暖めるタイプの暖房器具です。
輻射熱の観点からは非常に優秀な「快適暖房ナンバー1」と言えるでしょう。
何かを燃やしたり、部屋のホコリを舞い上げたりもしないので、室内もキレイなままです。
難点としては導入コストが高いこと。
ランニングコストでは、電熱式よりもガス式温水タイプのほうがコストがかからないと言われています。
ca71_img01

まとめ:快適暖房は健康生活によい!

それぞれの暖房器具には、特徴にも、コストにも違いがありました。
が、どんな暖房器具を入れても、家自体の断熱・気密性が低ければ、部屋の床、壁、天井も暖まらず、それどころか暖かな空気は逃げていく一方でランニングコストも高くつきます。
家自体の断熱・気密性能が高ければ、どの部屋でも、またどの暖房を選択しても、熱が逃げずに、家全体が快適。
暖かい部屋だけに家族が集まることもなくなり、家全体を広々使うことができます。
また、何よりも「ヒートショック」が防げます。
「ヒートショック」とは、とくに冬場に起こりやすい、「急激な温度変化による血管収縮」。
突然死を招く原因ともなる、恐ろしいヒートショックは、部屋毎の室温差が大きいことが原因の一つと言われています。
部屋毎の室温差を極力少なくし、冬場に冷えこみやすいトイレや浴室、玄関などでも室温差が少なくなるように配慮すると健康な住まいづくりにつながりますよ。

一年中快適な温度に保てる高性能な家を建てるなら。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ベッドの「サイズ」&「周囲に必要なスペース」は? 

寝室づくりで後悔することの一つが「ベッド周りのスペースが狭すぎる!」

泥棒を防ぐ!「侵入しにくい家」3つのポイント

日本では、一日平均126件もの「侵入窃盗」が起きています。前回のコラ

賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?

子どもたちの勉強スタイルとして注目されている「リビング学習」。パパ・

無垢材か集成材か? 強いのはどっち?

木造住宅にするなら、その材料にもこだわりましょう。 住宅に使われる木

家への侵入を防ぐ!防犯対策は「見える化」から

一日に約126件もの住宅侵入窃盗事件が起きているなんて、知っていまし