理想の家づくりをするための正しい土地の選び方

家を建てると決めたあとは、どの場所に建てようかと夢がふくらみますよね。けれど、実は土地には家づくりに関する規制があり、それによって建てられる家の大きさや形状が決まってきてしまうのです…。

土地購入後に「こんなはずじゃなかった!」とならないように、家づくりに関わる土地の規制を知った上で土地探しをしたり、建てられる家の可能性を考えていきましょう!

 

 

この記事でわかること

  • 家の形状に影響する「建ぺい率」「容積率」
  • 「用途地域」は将来像をつかむ手がかり
  • 都市部なら「防火規制」も気にしておこう

 

 

建てられる家の大きさは

「建ぺい率」「容積率」で決まる

 

家を建てる土地を検討する場合、まずは候補地の状況をしっかり把握しなくてはなりません。

陽当たり、周囲の環境、アクセスのしやすさなどの項目はわかりやすいですが、初めての家づくりの場合、土地に関する法規制についてまで意識している方は少ないのではないでしょうか。

 

土地と家に関する法規制は様々ありますが、いちばん基本となる規制が「建ぺい率(けんぺいりつ)」と「容積率(ようせきりつ)」の二つです。

これらによって、建てられる家の「大きさ」が決まります。

 

ケーススタディで考えてみましょう。

 

建ぺい率

まず建ぺい率とは「建築面積の敷地面積に対する割合」、敷地の何%まで建物を建てられるかという割合です。

例えば150㎡の土地を購入し、そこが「建ぺい率50%」と決められている場合、建物は敷地の50%、つまり75㎡まで建てることができます。残りの75㎡は庭やカーポートなど、建物以外に用いることになります。もし建ぺい率50%の地域で、1階の面積が80㎡の建物を建てたいなら、160㎡の土地を購入する必要があります。

 

【図1 建ぺい率】
0009図1建ぺい率図版

容積率

次に容積率とは「延床面積の敷地面積に対する割合」のこと。「延床面積」とは建物各階における床面積の合計です。2階建の住宅であれば、1階と2階の床面積を足したのがほぼ延床面積となります。

 

例えば150㎡の土地で、容積率が100%だったとします。

これは、延床面積、つまり各階の床面積を合計したとき150㎡まで家まで建てられるということです。各階75㎡の2階建てや、1階を80㎡にしたら2階は70㎡の床面積の家が建築可能です。

 

【図2】容積率

0009図2容積率図版


このように建物の大きさと「建ぺい率」「容積率」は大きく関わります。土地探しにあたっては、自分たちが住みたい家が何部屋ぐらい必要で、どのくらいの大きさになるのかをイメージしたうえで、必ず「建ぺい率」と「容積率」をチェックするようにしましょう。

 

その土地がこれからが

イメージできる「用途地域」

住宅街の真ん中に大きな工場ができてしまった、なんてことがないように、都市計画法によって、その土地にどんな建物を建てていいかが決められています。これを「用途地域」といい、全12種類のうちの4つの用途地域で住宅を建てることができます。

それぞれ建築可能な建ぺい率や容積率、高さが異なるので、例えば日当たりの良い家を建てたいなら、高層住宅などが建てられない用途地域を選ばないと、将来、高い建物が隣接して視界や日照を遮られてしまう可能性もあります。

つまり、「用途地域」は、その土地が将来、どんな街並みになるかを把握する指標になるので、それを踏まえて土地を選びましょう。

下記の表に、建築基準法で定められた用途地域をまとめましたので、土地選びの際の参考にしてください。

【図3 用途地域】

0009図3用途地域図版改0729

 

また、特に都市部で気にしておきたい規制として「防火規制」があります。

この防火規制は、万が一火災が起きた際、周囲に燃え広がるのを防ぐためにあるもので、指定された地域の建築物には、軒裏や外壁に燃えにくい材料を使うことなどが定められています。

間取りや建築コストにも影響してくるので、「防火規制」があるかどうかもしっかり押さえておきましょう。

 

土地を買う前には、

細かいチェックを忘れないで!

特に重要な規制について説明しましたが、理想の家を建てるためには土地選びでチェックすべき項目はさらに細かく多岐に渡ります。

しかし、土地を見ただけでわかることはそれほど多くありません。

ここで説明した法規制のほかにも、地盤の状態や道路に関する状況など、土地が家づくりに影響する要素はいろいろあります。
クレバリーホームではお客様のご要望を伺い、理想の家のイメージを固めるところからお手伝いしています。お客様の理想の家がしっかり建てられる土地選びもご一緒に行いますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

クレバリーホーム 公式HP
http://www.cleverlyhome.com/




The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
漆喰、珪藻土…「左官仕上げ」のメリット&デメリットは?

家の内外壁を仕上げる方法の一つに、仕上げ材を職人さんが塗る「左官仕上

夏の光熱費ダウンに「遮熱」「断熱」「気密」が役立つ!

暑い夏はエアコンの大活躍時期。光熱費も気になりますね。消費電力抑制に

ベッドの「サイズ」&「周囲に必要なスペース」は? 

寝室づくりで後悔することの一つが「ベッド周りのスペースが狭すぎる!」

泥棒を防ぐ!「侵入しにくい家」3つのポイント

日本では、一日平均126件もの「侵入窃盗」が起きています。前回のコラ

賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?

子どもたちの勉強スタイルとして注目されている「リビング学習」。パパ・