漆喰、珪藻土…「左官仕上げ」のメリット&デメリットは?


家の内外壁を仕上げる方法の一つに、仕上げ材を職人さんが塗る「左官仕上げ」という方法があります。
古来から日本で愛されてきた「左官仕上げ」、そのメリット&デメリットを簡単にまとめました。

このコラムでわかること

  • 家の壁の仕上げ方の種類「左官仕上げ」とは?
  • 左官仕上げのメリット
  • 左官仕上げのデメリット
  • 失敗しないコツは「信頼でき、腕のいい職人さん」に依頼すること

家の壁の仕上げ方の種類「左官仕上げ」とは?

家の内外壁を仕上げる方法の一つに「左官仕上げ」があります。
左官(さかん、しゃかん)とは、内外壁をこてを使って塗り上げる職人さんのこと。
この職人さんによって塗りあげられるのが「左官仕上げ」です。

用いられる材料は、大ざっぱにいうと石や土などの鉱物を粉状にしたものに、糊剤、水、顔料などを混ぜ合わせた固形物。
石灰や炭酸カルシウムを主原料とする「漆喰(しっくい)」のほか、「珪藻土(けいそうど)」や「火山灰」などを主原料にしたものなどがあります。
左官職人さんは、この材料を、コテを使って壁などに塗っていくわけです。

内装を例にした作業の流れは

石膏ボードなどの下地を整える(下塗り)

乾燥(最低2-3日)

漆喰などを塗る(上塗り)

乾燥(最低2-3日)

完成! というイメージ
です。

職人さんのコテの使い方によって、フラット、マットな感じから、動きのあるダイナミックな感じまで表現できるうえ、櫛引(くしびき)仕上げといってボーダー/ストライプの凹凸をつけていくこともでき、デザイン性、質感が高くなります。
更に、主体にする原料の特性で、調湿性や防音効果など機能性も期待できます。
左官塗りに用いられる材料は日本では伝統的なものですが、長く愛されてきた理由があるのですね。

左官仕上げのメリット

そんなわけで、一般的なクロス張りと比べた左官仕上げの魅力をまとめると、

・壁の表情が豊かになる
・吸湿性、放湿性、消臭効果が期待できる
・(塗り重ねることで)保温性、断熱性が期待できる

ということになります。

自然素材を多用した塗り材料にこだわれば健康にもよいですし、反射される光の美しさや、音の跳ね返りのマイルドさなどを感じることもできます。
伝統的な材料、仕上げ方として和室に用いられることも多いですが、白い漆喰の壁などはアンティークな洋風のお部屋などで雰囲気を出すのに使われることも多いです。

左官仕上げのデメリット

しかし、こんなにメリットがありつつも、全ての新築、すべてのお部屋が採用しているわけではないのにはもちろん理由があります。
あえて「デメリット」を見つけると、冒頭の特徴で紹介したように、塗るだけでなく乾燥させなければならないので、
・クロス張りと比べて施工期間が長くなる
ということ。
また、職人さんが丁寧に塗っていくため、
・工賃が高くなる
ということがあります。
さらに、左官仕上げは
・職人さんの実力で結果が大きく変わる
ところもリスクです。

付け加えておくと細かいことですが、塗り壁のお手入れはほこりを払う、という程度になります。
吸湿性が高い=水分を吸ってしまうので、濡らすとしみになってしまいがちということ。
ビニールでできたクロスのようなお掃除はできないということを覚えておきましょう。

まとめ~「信頼でき、腕のいい職人さん」を抱えるハウスメーカー選びが必須!

お伝えしてきたとおり、左官仕上げの塗り壁は、時間もコストもそれなりにかかる反面、他の内装材では出せない魅力がたくさんあります。
美しさ、心地よさに満足できる空間にするために、やはりおすすめな内装方法です。
しかし、左官仕上げの壁で失敗しないコツは「信頼できる、腕の良い左官職人」を抱えるハウスメーカーに依頼すること
納得するまで説明してくれたり、実例を見ることができたり、なにより仕上げについてもアフターサービスがしっかりしているクレバリーホームのようなハウスメーカ―に依頼してくださいね!

塗り壁もおまかせ。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2

【この記事とあわせて読みたい】

内装「塗装仕上げ」特徴は?メリット・デメリットは?
流行のインテリア「フレンチシック」とは?カラーは?アイテムは?
北欧インテリアのポイント|北欧風インテリアコーディネートの基本
美しき「タイル」、その歴史とは?

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
二世帯住宅は防音対策でトラブルレス!

二世帯住宅で失敗しないために大切なポイントはなんでしょう。 間取り?

建築材料・木、鉄、コンクリート。どれがいちばん強い?

住宅を作る材料としてメジャーな木、鉄、コンクリート。 万が一地震や火

「平屋」、知っておきたい4つのメリット

二階がなく、一階部分にそのまま屋根が載っている「一階建ての家」、それが

木造VS鉄骨 火災に強いのはどっち?

空気が乾燥してくる季節、恐ろしいのが火災です。 何となく火に弱いイメ

洗濯物、片付けたいなら「動線を見直す」!

洗濯物がいつもどこかにたまってる…そんな「片付かない家」の理由は「