キッチンはオープンかクローズか? メリットデメリットを比較、こんな人におすすめ! | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

キッチンはオープンかクローズか? メリットデメリットを比較、こんな人におすすめ!


オープンキッチンには選ばれるだけのメリットがたくさん! ですが、もちろんデメリットもあります。
流行だから、カッコいいからだけで選ぶと「合わなかった…」ということが起きてしまうかも?
今回はクローズドタイプ(独立型・台所型)のキッチンと比較しながら、ご自身に合うタイプについて考えてみましょう。

この記事でわかること

  • 流行はオープンキッチン。ですが…?
  • オープンキッチンはこんな人に向く!メリット&デメリット
  • クローズドキッチンはこんな人に向く!メリット&デメリット
  • まとめ~キッチンづくりで「自分」がわかる~

流行はオープンキッチン。ですが…?


新築の住宅のキッチンでは、その多くがダイニング(食べる場所)、リビング(くつろぐ場所、応接間)と一緒の、見せるタイプのオープンキッチンが選ばれています。
それは家族が少人数で家そのものがコンパクト化する一方で広く感じられる空間が求められていること、またコミュニケーションが取りやすいため子育て向きと考えられることなど、多くの理由があります。
このようにオープンキッチンには支持されるだけのメリットが多いのですが、もちろんデメリットもあります。
流行だから、カッコいいから、だけで選ぶと、自分の暮らしに合わなかったということも起きないわけではありません。
今回はクローズドタイプ(独立型・台所型)のキッチンと比較しながら、ご自身に合うキッチンのタイプについて考えてみましょう。

まずは基礎知識として、キッチンはオープン/クローズドも含めいろいろなタイプに分類できることを押さえておいてくださいね。

システムキッチン(コンロ、シンク)のある部屋で分ける
ダイニングやリビングと併設されている→オープンキッチン
独立した小部屋(台所)にある→クローズドキッチン

システムキッチンが部屋の中でどこに設置されているかで分ける
→I型キッチン「I型」キッチンとは?特徴&メリットは?
→L型キッチン「L型」キッチンとは?特徴&メリットは?
→アイランド型キッチンアイランド型キッチンとは?メリット、デメリットは?
→ペニンシュラ型キッチン

オープン型で主に選ばれるのはアイランド型、ペニンシュラ型です。
この二つは「回遊型」にでき、とても便利です。

オープンキッチンはこんな人に向く! メリット&デメリット


リビングやダイニングに併設されているオープンキッチン。
その中にも色々な種類がありますが、今回のモデルとしては写真のようなタイプ「吊戸棚がなく、フラットなシステムキッチン」を想定しています。
さっそくメリット&デメリットを見てみましょう。

【メリット】
・ダイニング、リビングと併設されているため、作業中でも家族とコミュニケーションできる
・キッチン→ダイニングの行き来がラクで、料理提供、片付けがしやすい
・空間が広々と見え、開放的
・個別の台所スペースを取る必要がないので空間が節約できる
・「リビング学習」「食育」との相性が良く、自然と子どもが成長する
賢く育つ「リビング学習」おすすめキッチンレイアウトは?

【デメリット】
調理の匂いや音、空気の汚れなどが部屋内に広がる
・シンク周りの散らかり・汚れが目立つ
・壁面などの収納は美的な配慮が必要で、モノの量が多いと入りきらない

以上のメリット&デメリットを総合すると、

【向いている人】
・家族とコミュニケーションしながら調理、料理、食事をしたい人
・子育て中で、子どもとの会話や食育を大切にしたい人
・こまめな整理整頓、お掃除ができる、または多少散らかっていても気にしないでいられる人

ということになります。

クローズドキッチンはこんな人に向く! メリット&デメリット


流行はオープンキッチンということで、何となく肩身の狭い台所タイプのクローズドキッチンですが、実はメリットも多いんです!
絶対にクローズドがいい!という人もいるくらいですので、一度しっかり検討してみてくださいね。

【メリット】
・料理の匂いや空気の汚れ、調理中の音などが台所内で完結する→ダイニングをレストランのように美しく保てる
・調理や盛り付けに集中できる
・独立したダイニングで落ち着いて食べられる
・キッチン自体は見えないので飾る必要もなく、実用的かつ多少乱雑でも気にならない
・気兼ねなく壁面を収納に使える

【デメリット】
・調理時には他の部屋にいる家族とコミュニケーションが取りづらい
・ダイニングとの間に扉があるため料理の出し入れが多少面倒
・独立した小部屋を設置する必要があり、面積としてある程度のスペースが必要

【向いている人】
・調理にこだわりがあり、集中して取り組みたい人
・ダイニングやリビングに調理の匂いや汚れなどを持ち込みたくない人
・実用的な収納がたくさん欲しい人

いかがでしょうか。

まとめ~調理・食事は家族の大切な時間~


主流となっているオープンキッチンだけでなく、台所タイプのクローズドキッチンにも多くのメリットがあることを感じていただけたでしょうか。
家づくりは、自分の暮らし、生き方を確認できるチャンスです。
とくに「食」は家族の命を支える大切な営み。
そこにどのような価値を求めるかで、本当にしっくりくるキッチンは人それぞれで変わってきます。
建てる人の暮らしに寄り添って、知らなかった最新設備も含めて提案してくれるハウスメーカーをパートナーに選んでくださいね!
クレバリーホームの家「Kirara」シリーズでは、オープンキッチンのデメリットを解消してくれるエコカラットやナノイー発生器などの最新設備も積極的に採用。→http://www.cleverlyhome.com/product/kirara/concept/interior.php
綺麗で暮らしやすい家をお探しなら、一度は検討してみてくださいね!

「キレイ」が簡単に続く家。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • rss
家を建てるなら絶対知っておくべき減税制度ベスト3!「住宅ローン減税」「すまい給付金」「贈与税の非課税枠」

家を建てる時にいちばんの心配事はやっぱり「お金」。 そこで負担軽減に

タイルの下にはサイディングがある?!外壁タイルがこれほどまでに強い理由

通常はそれ一枚で外壁になる「サイディング」ですが、クレバリーホームの

「日常備蓄」をパントリーと冷蔵庫で!災害に強い家づくり

地震や水害、風害で万が一インフラが切断されてしまっても、備蓄をしてお

総二階とは?地震に強い理由とは?

上下階がほぼ同じ形の二階建てを「総二階」と呼びますが、この形の家は「

両親や祖父母からの住宅資金援助で「贈与税の非課税枠」を利用!

家づくりでは両親や祖父母から住宅資金の援助を受ける場合も多いもの。そ