【消費増税】消費税8%に間に合う家づくり、2018年何月に始めればいい? | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

【消費増税】消費税8%に間に合う家づくり、2018年何月に始めればいい?

2019年10月に消費税率アップが予定されています。多額になる家づくりの予算で考えると、2%の上昇でも数十万円の差が出てきます。
増税前といって絶対に焦ってはいけないのが家づくり。余裕をもって建てるには一体何月ごろからスタートすべきでしょうか?

このコラムでわかること

  • 増税前に間に合わせるなら今すぐ検討、10月ごろには「請負契約」を
  • 「請負契約」には設計図書=プランが必要
  • 追加工事、引越し代、家具代なども増税を避けたい
  • まとめ~家づくりでは絶対に焦ってはいけない!~

増税前に間に合わせるなら今すぐ検討、10月ごろには「請負契約」を

2019年10月から予定されている消費税率アップ。現行の8%から、10%に引き上げられる予定です。

たった数パーセントの税率アップといえどもお財布に影響が出ますが、それが多額の買い物であればなお大きな金額になります。
例えば3500万円(うち土地代1000万円)の家なら、増税前後の差は約55.2万円にもなります。
詳しくは→【消費増税】家づくり、消費税8%と10%の差額は?「消費税がかかる・かからない」お金は?
できれば、増税前に家を建てたいと思うのが自然ではないでしょうか。

消費税率8%で家を購入するには
①引き渡しが2019年9月30日までに完了している
②請負契約が2019年3月31日までに締結されている
のどちらかの条件を満たせばよい

ということになっています。(請負契約日が4月1日以降でも、引き渡しが9月30日までに行われていれば8%適用になります)
詳しくは→2019年には税率10%に。消費税率8%で注文住宅を建てられるのはいつまで?

「なーんだ! じゃあ来年3月末にハウスメーカーに行って契約すればいいんだね♪」と思った方。
ちょっと待ってください!
それでは、きっと間に合いません。
というのも、請負契約は、いきなりその日に交わせるものではないからです。
また、契約をしたらすぐに工事に入るわけでもないからです。

詳しくはこの後に解説しますが、結論から言うと
「余裕をもってプラン検討、家以外の大きな出費=引越し代や家具代も消費税の影響を避けたい」なら、
・7月には契約相手(ハウスメーカー)を絞り込む
・10月ごろには請負契約を結ぶ

のが理想的なスケジュールです。

「請負契約」には設計図書=プランが必要

家づくりでハウスメーカーと契約することを正式には「請負契約」と言います。
「請負契約」とは、ハウスメーカーが建て主に建物の完成を約束し、依頼主がそれに対して報酬を支払うことを約束する契約のことです。
この契約(約束)を交わさなければ実際の工事は開始できません。

この「請負契約」に必要な書類は、
・工事請負契約書
・請負契約約款
・設計図書
・見積書
・工事仕様書

です。

このうち、「設計図書」とはいわゆるプラン図。
それ以降の「見積書」「工事仕様書」は、そのプランが決まった後でないと作成できません
つまり、契約の前にはある程度(事実上は一社に)家づくりのパートナーを絞り込み、そのパートナーと具体的に家を設計する必要があるのです。

このプラン作成はいわば家づくりのコア部分
家の中身が具体的に決まる非常に重要な部分ですから、焦ったり、考えずに即断したりしてはいけません
落ち着いた検討には、モデルにできる標準プランをもとにしても3~4か月程度はかかるとされています。
もちろん場合によっては短縮も可能でしょう。
けれど、余裕ある検討のために、まずは「請負契約までには最低3~4か月かかるんだ」という認識を持っておくことをおすすめします。

追加工事、引越し代、家具代なども増税を避けたい

一方で、請負契約時の設計図書はあくまで基本のため、契約後も細かい打ち合わせがあり設計図書の変更が続きます
プラン変更による工事の追加・削除があれば、それにともなって費用の増減が発生します。
この細かい仕様決めについても、一般的には3~4か月かかるとされています。

細かい仕様が決まるといよいよ工事が始まります。
できれば、この工事時期も増税前のラッシュを避けたいところです。
なぜならば、ラッシュ時には職人や建材の数が少なくなり、通常よりも工事が延びる可能性があるからです。

また、忘れたくないのは家が完成して引き渡された後にかかる引越し代や家具代のこと。
一番初めに見たように「3月末までに請負契約を結ぶ」ことができれば家自体に消費税はかかりませんが、それでも引き渡しが10月1日以降になれば、その後に払う引越し代や家具代などに消費税がかかってしまいます。

これまでのお話をまとめたのが下記の図。
A◎ 余裕をもって建てられたスケジュール(7月までにパートナー決定、10月に請負契約、3月末着工、8月引渡し)
B△ 追加工事分、引っ越しや家具代が増税後になったスケジュール(冬にパートナー決定、3月末に請負契約、7月着工、10月引渡し)
C× 焦って契約を進めたが、全く間に合わなかったスケジュール(4月末請負契約、10月以降引渡し)
です。

まとめ~家づくりでは絶対に焦ってはいけない!~

シミュレーションした上図ですが、もし、Cのケースになりそうなら、消費税率アップによる増額分にはこだわらずに家づくりを進められることをおすすめします。
家は建てた後からでは取り替えできません。
特に家の心臓部分ともいえる「構造」は、これから数十年、場合によっては100年お世話になる家の根幹部分です。→家を支える「構造」とは? 知らなきゃ危ない、家づくりの基本
十分に、自分の家族が安全、安心して住める家なのか、使いやすくよく考えられた間取りなのか、そしてそのハウスメーカーは建てた後も責任を持ってずっとメンテナンスをしてくれるのかという大切なことをしっかり確認しながら、焦らずに進めていただきたいと思います。

クレバリーホームは、いつでもすぐに相談を受けられる体制で皆様をお待ちしています。
消費増税前に家を建てたいのなら、まずはお近くのクレバリーホームにご遠慮なくご相談くださいね!
消費増税前でもまずは落ち着いて。質の良い、安心できる家を建てよう。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • rss
家を建てるなら絶対知っておくべき減税制度ベスト3!「住宅ローン減税」「すまい給付金」「贈与税の非課税枠」

家を建てる時にいちばんの心配事はやっぱり「お金」。 そこで負担軽減に

タイルの下にはサイディングがある?!外壁タイルがこれほどまでに強い理由

通常はそれ一枚で外壁になる「サイディング」ですが、クレバリーホームの

「日常備蓄」をパントリーと冷蔵庫で!災害に強い家づくり

地震や水害、風害で万が一インフラが切断されてしまっても、備蓄をしてお

総二階とは?地震に強い理由とは?

上下階がほぼ同じ形の二階建てを「総二階」と呼びますが、この形の家は「

両親や祖父母からの住宅資金援助で「贈与税の非課税枠」を利用!

家づくりでは両親や祖父母から住宅資金の援助を受ける場合も多いもの。そ