【2019年版】共働き×子育てがラクになる最新電気&AI住宅設備とは | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

【2019年版】共働き×子育てがラクになる最新電気&AI住宅設備とは

仕事もして、子育てもして。忙しい共働き夫婦の本音は「時間が欲しい」ですよね。
時短や体力温存に役立つ、今やマストとも言える家電や設備をご紹介します!

このコラムでわかること

  • 電化製品やAI技術ができることは「お任せ」しよう♪
  • 子育て世帯に必須!「玄関電気錠」
  • 「AIスマートシステム」で外から指示」
  • いつでも快適「電動トップライト」&「電動シャッター」
  • ネット通販利用なら「宅配ボックス」
  • まとめ~空いた時間は家族と向き合って~

電化製品やAI技術ができることは「お任せ」しよう♪

総務省が2018年に発表した統計によれば、結婚して子育て中の働く女性の割合は全国で約65%。
半数以上が共働き家庭です。
男性、女性関わらず、仕事と家事を両立していくときに貴重なのは「時間」。
少しでもお互いや家族と向き合う時間を増やしたい時に、臆せず利用してほしいのが家の電化設備。
進化した電化設備で時短して、心のゆとりを持ちましょう。

子育て世帯に必須!「玄関電気錠」


子育て、特に小学校低学年までは「抱っこー!」の時代です。
自分の仕事用カバンの他に、子どもと、保育園のお支度カバン、さらには帰りがけの買い物袋まで持って何とか家に入らなければなりません。
そんな時に、ワンタッチでドアのカギを開けられるのがこの「玄関電気錠」です。
家にいる時には階数が違っても開錠できるタイプを採用すれば、将来子どもが帰ってきた時にもいちいち階下に行って鍵を開けなくてもすみます。
また自分が介護世代になっても、片手でスマートに鍵を扱えるので大変助かります。
玄関電気錠はもう必須の設備といってもいいかもしれません。

話すだけで家電がコントロールできる「AIスマートシステム」


家電や設備のコントロールが自分の声だけで行えるのがこの「AIスマートシステム」です。
例えばエアコンのオンオフ、お風呂のお湯はり、そして先ほどの電気錠の開け閉め。
スマートスピーカーと連動し、例えば調理や掃除をしていても他の作業を同時で進められるので時間が節約できます。

いつでも快適「電動トップライト」&「電動シャッター」


防犯や断熱に役立つのはわかっていても、つい開け閉めがおっくうになりがちな雨戸・シャッター類。
それを電動にすればリモコンワンタッチで開け閉めできるので、苦も無くこまめに防犯・断熱ができるようになります。
とくにリモコン開閉式の天窓は、なんと雨が降ると自動で閉まるという賢さ。いつでもきれいな天窓から、明るい陽ざしが…子育て中の明るい家にぜひ採用していただきたい設備です!

ネット通販利用なら「宅配ボックス」


共働きの悩みが宅配荷物の受け取り。
自宅専用の宅配ボックスがあれば、いつでも受け取れるので再配達依頼の手間や、届くまでの数時間家から動けないわずらわしさがなくなります。
スケジュールの自由度が各段に増します。

まとめ~空いた時間は家族と向き合って~

自分でできることを、電気や最新AI技術を使って行うのは何となくもったいなく感じる方も多いかもしれません。
けれど、やることに追われて余裕がないと子育てや家族のコミュニケーションも上手くいきません。
ここでご紹介した以外にも、お掃除ロボ、食洗機、洗濯乾燥機など便利な家電・設備がどんどん普及しています。
遠慮せずに利用しながら、一番大切なものに時間をかけて頂きたいと思います。
なお「時短できる家」は設備の充実だけでなく、収納や間取り、動線についての工夫が必要です。
ずっと子育て世代を応援しているクレバリーホームに、ぜひ遊びにきて実際の使い心地を体験してくださいね!

明けましておめでとうございます! クレバリーホームでは2019年1月31日まで「平成最後の『得』お年玉フェアキャンペーン」中!https://www.cleverlyhome.com/2019newyear/
ご紹介したおすすめ設備はもちろん、100万クレバ内ならあなたの欲しいオプションアイテムが選び放題!
どんなアイテムが選べるか今すぐシミュレーションしてみてくださいね!

新築オプション、ホントに役立つのは?クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket