「帖」と「畳」はどう違う?「坪」はどれくらいの広さ? | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

「帖」と「畳」はどう違う?「坪」はどれくらいの広さ?~知っておきたい建築用語~


家づくりで出てくる単位「帖(じょう)/畳」「坪」。耳慣れない言葉ですが家づくりでは頻出。広さの単位、この機会に覚えてしまいましょう!

このコラムでわかること

単位を覚えると家づくりがラクになる


家づくりではまだまだ日本独自の計量単位が使われています。
例えば○尺○寸、とか○間(けん)とか。→家づくりの単位「寸」「尺」「間(けん)」とは?~知っておきたい建築用語~
「○坪(つぼ)」とか。
メートルやセンチメートルと言った単位に慣れている私たちにはちょっと耳馴れない言葉ですよね。
でも、この単位は家づくり/建築とは切っても切れない関係にあります。
深く考えずに、この際ぜひ覚えてしまいましょう。
今回は広さの単位「帖/畳」「坪」を説明します。

「帖」と「畳」はどう違う?

日本では昔から畳が使われていました。
この畳一枚分の広さを「1畳」と言います。
畳一枚は1間(けん)【6尺=約1.82m】×半間【3尺=約0.91m】で、メートル法だと約1.65㎡。
下の図がその広さです。

しかし間取り図(プラン)を見ると畳という字ではなく「帖」という字が当てられていることも多いです。
実は漢字が違っても示す広さは同じなんです。
畳でなくフローリングの場合は「帖」
畳敷きの部屋は「畳」で示して使い分けられているんですよ。

ちなみに○畳ということを示す時には先ほどの広さが一応の基準ですが、実際の、モノとしての畳には大きさの違いがあります。
大きく一般的には京都を中心に使われる京間畳(約191㎝×95.5㎝)、東京を中心に使われる江戸間畳(約170㎝×85㎝)の二種類があります。
一説には徳川家康がより多く年貢米を取り立てるため、一間の長さを短くしたから、と言われています。

また、そのお宅によってオーダーメイドできるのも畳の良さ。
お部屋に見目良く納めるために、実際の畳の縦横幅はそのお宅によって実は違うのです。

「坪(つぼ)」という広さ

土地や家を考える時には、さらに広い単位である「坪(つぼ)」が用いられます。
坪は畳二枚分の広さと覚えましょう。
1坪=1間(けん)【約1.82m】×1間【約1.82m】=約3.3㎡です。

さっそく使ってみましょう。例えば…
「2階建ての4LDKの家を建てたいなら、40坪くらいの土地があると困りません」というような感じです。
40坪は3.3㎡×40、で約132㎡。なんとなくイメージ、湧きますか?
5LDK、4LDKの家に必要な土地面積は?

まとめ~覚えておきたいその他の用語~


今回の記事でも、説明なしに「間(けん)」「尺(しゃく)」という単位が出てきました。
住まいというものは人間の暮らしと密接につながっていて、大昔から脈々とその技術も受け継がれています。
ですので、伝統的な度量衡がまだ残っているのですね。
日本製の家具のサイズも、この尺貫法や畳、坪という単位で使いやすいようにできているものが多いんです。
そうはいっても、体格が大柄になってくるなど使い勝手が少しずつ変わっているのも現実。
ですから、今は家づくりの単位をメートルにする「メーターモジュール」という考え方も出てきました。→「モジュール」とは? 尺モジュールとmモジュールどっちがいい?
家づくりは伝統と最新技術の融合です。
ぜひ、新しくかつ安心できるしっかりした技術で建てているハウスメーカーを選んでくださいね!

とことん一緒に家づくり♪クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket