蘇我エリアに決めた!紹介された土地物件実例は?「古屋有」「建築条件付」「分譲地」とは?【実録】33歳、家を買う!⑧ | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

蘇我エリアに決めた!紹介された土地物件実例は?「古屋有」「建築条件付」「分譲地」とは?【実録】33歳、家を買う!⑧

さて、前回ハウスメーカー営業に土地探しを依頼したモーリィ。いよいよ千葉県「蘇我駅」付近の実際の土地を検討することに。
しかし相場は思ったより高く、なかなか希望通りの土地は出てこない…「古屋有」「建築条件付」ってなに?

この記事でわかること

【これまでの流れ】
2018年7月クレバリーホームと契約したモーリィ。
建てたい家のイメージも着々と決め、いよいよ土地探しを始めることに。
ところが出てきた物件はどれも条件とは合わない…うーん?なんか困難な予感…?
「古屋有」「建築条件付」「分譲地」物件についてもわかります☆
→これまでの連載はこちらから→「 【実録】33歳、家を買う! 」 一覧

土地の条件☆おさらい

土地探しは最低でも「エリア(利用駅など)」「広さ」「価格」を決めてから始めます。

僕の場合、
●「エリア」 蘇我駅徒歩10分以内
千葉県君津市勤務で職場近くなら手頃な価格で広い土地が買えそうと当初は考えていた。
しかし妻には車の免許がない。ある程度「都市部で駅徒歩圏内」でなくてはならない。
子育て時には手を借りたい、将来介護もあるかもなので「お互いの実家(西船橋・稲毛)と今の職場(君津)の間」。
仕事の関係上都内への移動も多いので交通機関の利便性がほしい。
ということから3路線が乗り入れる便利な「蘇我駅」近隣に決めました。
●「広さ」40坪~45坪 
→どうやって決めたか詳細は「家」と「土地」の予算を配分する方法【実録】33歳、家を買う!③
●「価格」1700万円 
→どうやって決めたか詳細は「家」と「土地」の予算を配分する方法【実録】33歳、家を買う!③

当初考えていた職場付近エリアよりも利便性が高い駅の徒歩圏内、土地価格は予想より高くなりそうですが、ともあれ
 ・蘇我駅徒歩10分以内
 ・予算1700万円
 ・土地の広さは40坪~45坪

で探し始めました。

初めての土地提案が来た!

前回書きましたがクレバリーホームのモデルハウスを見学に行った時、合わせて土地探しもお願いしました。
上記条件を伝えたところ一週間ほどで最初の土地提案を2件もらいました!
ただ、どちらも駅から15分程度で希望より遠く、うち一つは土地が広すぎ予算の2倍だったのですぐに検討から外れました。
もう一つも土地が少し大きいため約800万円のオーバー。
古屋もあります。
古屋とはその土地に既に建っている古い家のこと。
新築のための土地探しならいったん解体しなくてはならないので、4LDK~程度の一般的な家なら解体費+200~300万円前後を見込んでおく必要があります。

―――ということで初めての提案はとりあえず様子見、引き続き探してもらうことに。
しかし紹介を待ってるだけでは実際にどんな土地が出ているのかわからないので、蘇我駅近くの不動産屋さんにもアポなしで直接訪問してみました。

地元密着型の不動産屋さんにも突撃!


訪問した不動産屋さんは蘇我で、手広く不動産業を営んでいる企業でした。
地元密着型のお店のため、一般に出る前の優良物件情報も持っているかも?と期待もしていました。
「蘇我で土地を買いたいんですけど」と伝えて出てきてくれたのは今後担当となる30歳ジャストほどの爽やかなお兄さん。
物腰も柔らかくて話しやすい上に、蘇我の事も色々知っています。
ハウスメーカーと同じ要望を担当の人に伝えたところ、いきなり最初に「蘇我駅で徒歩10分以内の物件はほとんど出ない」という衝撃の事実を教えてくれました。
先ほどお話したように、蘇我駅は3路線乗り入れ、しかも京葉線の始発駅なので最近はすごく人気のエリア。
そのため徒歩10分以内とかの好条件はほとんど出てこない、出てきたとしてもすごく高い…そんな話を聞くと、クレバリーホームから徒歩約15分の物件を紹介されたのも納得がいきました。
その時一緒にいた妻は「実家は駅から徒歩5分のマンションでそれに慣れているから10分以上はヤダ」という強い意志を曲げず(-_-;)、厳しいとわかりつつも、その場でいくつか物件を紹介してもらいました。

提案された物件実例


その時に提案してもらった物件は以下の通り。

①蘇我駅徒歩15分、55坪、2,480万円、古屋付

 
55坪もあれば広さは充分すぎるほど。だが大きい分高い。しかも古屋が付いているので解体費でおおよそ+300万円くらいかかる。

②蘇我駅徒歩19分、40坪、2,080万円、更地、6区画分譲地

⇒土地の広さも丁度いいし、価格も予算を少しオーバー位なので、色々と調整すれば何とかなるかもしれない。
「分譲地」とは、家を建てる前提で整えられた土地で、一斉に複数区画が売り出され、大抵はほぼ同時期に新築が建ちはじめる土地。
小さくても分譲地なら家を建てる為の設備も整っているし、近隣も近い年代の人になる可能性がありいい感じ◎。
古い家を壊して建てる場合、近隣も古くから住んでいて年齢も上の可能性が高いので僕的には▲。
何より徒歩19分は遠い(僕の実家は駅から徒歩21分で不便だった。飲んだ後だと交通機関もなく徒歩30分近くかかっていた)。

③蘇我駅徒歩15分、45坪、2,000万円、建築条件付

駅からはやや遠いが、土地の広さ、価格、分譲地という点で提示された土地の中で一番要望に合っている。
しかし地元ビルダーの建築条件付き…。入手しやすい価格なのは「建築条件付」だから。
建築条件付→家を建てる際のメーカーが決まっている土地。大体そのハウスメーカーが売り出している。メーカーは家で利益を得るので、その分土地価格は安く出せる

④蘇我駅徒歩15分、45坪、2,000万円、古屋付

上の物件から徒歩2分くらいの場所の物件。駅からの距離は変わらないが、古い住宅地で古屋の解体費がかかるので、条件的には劣る。

この他にも各条件(距離・広さ・価格)を広げつつ複数物件を紹介してくれましたが、それでも予想以上に相場が高く、希望の条件に合う土地はありませんでした。

「建築条件」を外せたら…(ため息)


提案してもらった中では③蘇我5丁目の建築条件付の土地が一番条件に合いました。
建物はクレバリーホームで建てたかったので「建築条件がなければ買いたいんだけど」とボソッと言ったら、担当の人がその工務店の社長に建築条件を外せないか聞いてみてくれるとのこと!(ただしもちろん、建築条件を外したら土地価格は高くなる前提です)
そもそもこの土地自体、その不動産屋さんが地元工務店に売ったとのことで、こういう事があるから地元の有力不動産屋さんは心強いなと実感。
その場で社長に電話をしてくれましたが「その土地は売り出しはじめたばかりで、今のところ建築条件を外すつもりはない」とのこと。残念。。。
まぁ、売り出しはじめたばかりなら建築条件は外さないよなー、と諦めました。
その他の土地は条件で折り合いがつかなかったので、その日は決まらず、今後良い土地が出てくるのではという期待を込めてその日は退散しました。

退散する際
◆蘇我駅以外のエリアで合いそうなものがあれば紹介して
◆(引き続き)③蘇我5丁目の土地の建築条件が外れそうだったら教えて

とお願いしました。

まとめ~初めての土地提案でわかったこと~

こうやって初めて土地を提案してもらったわけですが、自分が思っているより相場は高かったのが現実でした。
もしかすると土地探しから家づくりしている人のほとんどが、同じショックを受けているかもしれません。
ここからは自分の条件を妥協するわけですね。
諦めるのはエリア(利用駅)か、広さか、駅からの距離か。
はたまた予算を上げるのか。
僕が諦めた条件については次回、お話します!

次回は土地探しも佳境に!お楽しみに!
★これからのレポート予定★
【2018年3月:アクション開始】まだ土地選び中…
【2018年4月・5月:土地検討期】
【2018年6月・7月:建物検討期】
【2018年8月:詳細仕様検討期】
【2018年9月~続きます!】

モーリィが選んだのは「クレバリーホーム」! クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket