子育てするなら注文住宅一戸建て!戸建てが「子育て」にいい、5つの理由 | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

子育てするなら注文住宅一戸建て!戸建てが「子育て」にいい、5つの理由

アパートやマンションと一戸建て。どっちで子育てするか、永遠のテーマともいえるこの議論。今回は子育てする環境として見たときにどんなメリットがあるのか、注文住宅一戸建てのいいところを中心に実例満載でお届けします!

注文住宅が子育てにいい理由①「生活音ストレス」がない

集合住宅に暮らす人の一番のストレスは生活音。
特に生活音を出す側は気兼ねしてしまい、お子さまを叱ったり、休日はいつも外出しなくてはならなかったりと抱える悩みも大きいもの。
一戸建てなら、その生活音への気兼ねが激減します。
一定の広さによる音量減はもちろん、断熱・気密性の高い高機能住宅だから生活音の吸収もばっちり。
赤ちゃんが夜泣きしたって、深夜に洗濯したって、ハラハラすることなくのびのびできます!

▲兵庫県A様邸
お子さま達が走り回ってもいいように、リビングは十分な広さを確保。床材は素足の肌触りを大切にしたいとムク材を採用しています。

注文住宅が子育てにいい理由②日当たりや風通しがばっちり

採光・通風を考えたとき、集合住宅の開口部は角部屋でも最大三面しか取れません。
そして必ずしも希望の場所に設けられているとは限りません。
一戸建ての場合はその家が建つ土地・環境に応じて窓の配置を自在に考え設計するので、例えば南側には大きな窓を、北側には明かり取りの天窓をということが自由自在。
健康的な生活に必須の換気、そして陽光の採り入れがバランスよくできます。

▲青森県M様邸
窓枠を額縁に見立て、外の景色を室内に採り込むことで、採光だけでなく、季節感や癒しも演出する空間構成が印象的です。

注文住宅が子育てにいい理由③庭&自然が教育の場に!

庭付き一戸建て、という言葉があるように、一戸建ての象徴的な存在ともいえるのが庭。
最近は、自宅での余暇が注目されていて、バーベキューやおうちキャンプ、ガーデニング、家庭菜園など楽しい活用方法がたくさんあります。
特に理系の知識において、自然環境からお子様が学ぶ知識や経験は重要。
大学入試改革では特に重要視されています。
庭は成長の間に自然と様々なこと吸収できる教育の場としても価値があります。


▲岡山県T様邸
日当たりの良い南に面した庭には、全面に芝生を敷き詰め、お子さま達の遊び場兼愛犬のドッグランとして活用しています。

注文住宅が子育てにいい理由④広さがあるこだわり空間が実現!

分譲マンションは、3LDKで21坪前後の間取りが主流。
一戸建てなら、35 坪、40坪と自由に広さを確保でき、実現したかったこだわり空間が手に入れられます。
広々と感じる大きな吹き抜けを設けたり、部屋数や収納を増やしたり、お家でボルダリングなど子どもたちと遊ぶための趣味空間をつくったりと、広さにゆとりがあるからこその+αのこだわりを間取りに反映することができます。


▲新潟県S様邸
リビングの上部に吹き抜けを配置。窓を設けて上下階をつなぐ工夫も。キッチン裏手のパントリーは収納力アップのために壁一面を活用。

注文住宅が子育てにいい理由⑤駐車場からすぐ家!

集合住宅の場合、車のサイズや駐車台数に制限がありますが、一戸建ての場合はその心配もなし。
駐車場と建物が隣接しているので、雨の日や買い物帰りも便利。
ガレージハウスにすれば、趣味空間としても楽しめます。
子どもがいるならなおさら、駐車場の位置はとても大事ですよね。

▲神奈川県T様邸

▲兵庫県S様邸

まとめ~子育てばかりでなく資産づくりになるのが注文住宅~

いいところを5つあげたので「デメリットは?」と思う方もいるかもしれません。
特に気になるのは「お金」の面ですよね。
こちらでは、戸建て注文住宅とお金をめぐる記事をまとめています。
家づくりのお金 記事まとめ
次回は住宅にかかるコスト削減や、資産になるという視点から注文住宅のいいところをご紹介します。
ぜひ続けてお読みください!

2020年10月31日(土)までhapies誕生フェア実施中!『時産アイテム』プレゼント★

https://www.cleverlyhome.com/2020autumn/

クレバリーホームの公式サイトはこちら♪



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「人生をアップグレードする。」をテーマに掲げて全国で住まいづくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、マイホームの実現を賢く叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket