引き戸と開き戸、メリットデメリットは? ドアの選択は使い勝手に直結! 【1分でわかる家づくりルール】 | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

引き戸と開き戸、メリットデメリットは? ドアの選択は使い勝手に直結! 1分でわかる家づくりルール


間取りを検討する際、絶対に知っておきたいお得な知識。
今回はその場所で「引き戸と開き戸どっちがいいか」がわかるメリットデメリットを簡単にご紹介します。

使い勝手に直結する「引き戸」「開き戸」の選択

バリアフリーにしたい、空間を広々と使いたいといった場合、「開き戸」は大変おすすめです。
実際プランニングにあたり、採用されることも多いのですが、一方で「開き戸」には欠点もあります。

例えば、お部屋に入ってすぐに照明のスイッチを押したい場合、開き戸は引き込みスペースにはスイッチを設置できませんので注意が必要です。
また、引き込みスペースの分も空間が必要なので開き戸よりもコストが高くなります。

ご自身のライフスタイル、予算に合わせて細かく引き戸と開き戸を選択するのが、賢い家づくりのポイントになってきます。
1分で概要把握できるようにざっくりまとめたメリットデメリット、さっそくチェックしてみてください。

引き戸のメリットデメリット


和室のふすまのように、左右に引いて開け閉めするのが引き戸です。

<メリット>
・好きな加減で開けっ放しにできる(空間を広々と使える)
・開く時にドアを開けるスペースがいらない
・バリアフリーとよくなじむ

<デメリット>
・ドアの引き込み部分にスイッチを設置できない
・開き戸よりも金額が高い
・引き込み部分も含めての幅が必要
・開き戸よりも密閉性が低い

開き戸のメリットデメリット


いわゆる「ドア」です。

<メリット>
・設置スペースはドア+αの幅だけでいい
・引き込み部分がないのでスイッチを設置しやすい
・引き戸より金額が安い
・引き戸より密閉性を高めやすい

<デメリット>
・開く時に扉が扇状に広がる空間が必要
・取っ手分の出っ張りを考慮して設計する必要がある
・適当な幅を開けておくことは苦手(ストッパーが必要)

まとめ

細かいことのように思えますが、そのお部屋の入り口を引き戸にするか、ドアにするかはお家の使い勝手、コストに関係します。
丁寧に、自分の暮らしをイメージして決定するのが大切です。
どうやってそのお部屋を使いたいのか、設計担当者にも臆せず積極的に相談してくださいね。
使い勝手の良い、丁寧で細かな家づくりはクレバリーホームにお任せください。

きれいなお家、きれいな暮らし。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「人生をアップグレードする。」をテーマに掲げて全国で住まいづくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、マイホームの実現を賢く叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket