70歳だって新築できる!シニア向けローン・リバースモーゲージって何? | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

70歳だって新築できる!シニア向けローン・リバースモーゲージって何?


今の家は広すぎて維持がたいへん。自分のために建てた家で、自分らしい暮らしを送りたい。そんなふうに考える高齢の方の新築が増えています。今や人生100年、70歳で新築しても30年住むことになる家、そんなシルバー世代の新築に欠かせないリバースモーゲージについて解説します。

高齢で新築する人が増えています!

「夫の死亡後、住み続けていた家の維持が大変と思い、新築を考えました。
そして、自分らしく住み続けていける家が完成し満足です。
それも70歳過ぎての私だけの家、皆様の協力のお陰です。」

これはクレバリーホームで新築した70代女性の方がお寄せくださったアンケートです。
実はいま、このアンケートの方のように、70代・80代で「自分のための家」を新築される方が増えています

もともと日本の住宅は築30年程度で建て替えられてしまうことが多く、世界的にも寿命が短いと言われてきました。
また、30代~40代で建てた家は高齢者単身世帯には広すぎたり、機能や設備が古すぎたりして取り壊しや建て替えが必要になってしまう事情もあります。
そして、いくつであってもアンケートのように「自分のためだけの家」が欲しいのは当然のこと。
二世帯住宅では遠慮してしまいそう、子世帯がすでに家を建てている、またもともと夫婦だけの世帯であるというような場合は特に「自分のための新築」をお考えになることが多いようです。

リバースモーゲージとは


高齢者の方の新築や建て替え時に、一般的な住宅ローンに代わって活躍するのがこの「リバースモーゲージ」です。
リバースモーゲージとは、住んでいる自宅を担保にして借りるローンのこと。
一般的な住宅を担保としたローン(=「モーゲージ」)は一括で借り、月々返済して最終的にはローンがなくなりますが、リバースモーゲージは月々の返済は利息分のみで最後に一括して返済するため「逆=リバース」という名前がついています。

このリバースモーゲージは、これまで老後の生活資金の借り入れに多用されてきましたが、最近は新築資金の借り入れとしての利用が大きく増えています。
家を建て替えたり新築したりしたくても高齢だと収入は年金だけのことが多く、一般の住宅ローンを借りることは難しいのが現実です。
しかし、リバースモーゲージなら自宅(建てた家)を担保にして融資を受けることができ、返済は利息分のみが一般的なので生活資金も不足することがありません。
新しい家に住み続けながらゆとりある暮らしを送ることができます。
返済は借入人が死亡した時に、相続人が一括返済するか、自宅を売却するなどして行います。

まとめ~リバースモーゲージは自分にあったタイプを選ぶのがコツ~

亡くなった後も住宅を売却したくない(お子様に相続したい)とか、相続人に返済の負担をかけたくないという場合はそれに合った返済ができるリバースモーゲージを選ぶのが重要です。
ハウスメーカーによっては住宅建築に特化したリバースモーゲージをオリジナルで準備していることもあり、家を建てるならお得なことも多いのでそういったものを積極的に調べてみるのもお勧めです。
クレバリーホームにもノンリコース型(相続人への支払い請求がないタイプ)のオリジナルローンがあります。

リバースモーゲージを考えるときに気付くのは、高齢であってもなくても、家を建てるときには「質の良い家に長く住む」という視点が大切だということです。
30年で建て替えが必要になる家ではなく、60年、100年無理なく住み続けられる家を建てておけば、高齢になって困ることはありません。
間取りに関しても可変性があればライフステージが変わっても対応可能ですし、断熱・気密性能が高く、空気環境が整っていれば健康を維持するのも簡単です。
何より災害からも経年変化からも命を守る堅牢さがある家でなくてはなりません。
長く安心して住める家を、ぜひクレバリーホームで建ててくださいね!

クレバリーホームの公式サイトはこちら♪



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket