一分でわかる「住宅ローン減税制度」住宅ローンで家を買うと税金が安くなる! | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

1分でわかる「住宅ローン減税制度」住宅ローンで家を買うと税金が安くなる!


住宅ローンを組む人なら必須の知識「住宅ローン減税」。絶対に知っておきたい、税金が安くなる優遇措置です。
所得税はもちろん、場合によっては住民税までもが安くなるこの制度を簡潔にご紹介します!

 

このコラムでわかること

  • 「住宅ローン減税」とは? メリットは?
  • 「住宅ローン減税」の適用条件
  • まとめ

「住宅ローン減税」とは? メリットは?

住宅ローン減税」とは、住宅ローンを借りて家を買った人の金利負担を減らすために国が行っている制度です。

具体的には、その年の住宅ローン残高の1%に当たる金額を、10年間にわたって所得税から控除※できるというもの。※「控除」…税金がかかる金額から除かれること。
つまり、この制度を利用すれば、その年に残っている住宅ローン残高の1%分の所得税が免除されます。
例えば今年の住宅ローン残高が3000万円であれば、×0.01=30万円も所得税が免除されるのです!
それが10年間続くのですから、利用しないと損ですよね。

さらに、所得税で控除しきれない分は、なんと住民税からも一部控除ができるんです。
住宅ローンを借りる場合は、自分が対象になっているかをチェックして、対象になっていたら迷わず申請しましょう。

【図】住宅ローン減税

「住宅ローン減税」の適用条件

対象になるための主な条件を見てみましょう。
住宅ローン減税は利用できれば大きなメリットがありますが、これらの条件の中でギリギリ対象外のものがあれば「減税で得られるメリット」と「条件を満たすために必要になる金額」を比べて、お得な方を選びましょう

【図】住宅ローン減税の条件

ここで覚えておきたいのはローンの残り返済期間が10年以上必要である、という点。
当初は条件を満たしていても「繰り上げ返済」や「借り換え」で返済期間が短くなると控除が受けられなくなる場合があります。
検索 借り換え 「借り換え」で350万円もの差?! 低金利時代の住宅ローンの考え方2016年10月18日 繰り上げ返済、3つの注意点は「お金」「期間」「精神面」!
「借り換え」で350万円もの差?! 低金利時代の住宅ローンの考え方
この場合も、住宅ローン減税を受けたほうが得か、早く返した方が得かを比較するとよいですね。

まとめ

住宅ローン減税は、新築のほか、中古住宅購入やリフォームでも要件を満たせば利用できます。
ただしリフォームの場合は、省エネ対応やバリアフリー住宅であればリフォーム減税(特定増改築等住宅借入金等特別控除)の対象になる可能性もあります。
二つの減税を合わせて利用することはできませんのでリフォーム減税の方が得になることもあるので、よりよい方を利用しましょう。

また、住宅ローン減税の申請は世帯単位でなく、個人単位です。
共有名義で住宅を購入した場合は、それぞれ、自分の持ち分までが対象になりますのでご注意を!

お金のことも、人生のことも。安心できる家づくり。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



 

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket