「24時間換気」は質を問え!「全熱交換型」がオススメな理由 | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

「24時間換気」は質を問え!「全熱交換型」がオススメな理由

今、日本で建てた家には必ず「24時間換気」システムがあります。それはよいことなのですが、実はハウスメーカーによってその質に差があることはご存知でしょうか。「全熱交換型」のメリットをお伝えします!

この記事でわかること

そもそも住宅における「24時間換気」って何?

24時間換気システムとは、その名の通り、家の中の汚れた空気をノンストップで換気する機械式のシステムのことです。
2003年の建築基準法改正で、すべての住宅への設置が義務づけられました。

そもそも、かつて(昭和時代)の木造住宅は夏暑く、冬寒いものでした。
断熱も今に比べると不十分で、空気も隙間からすーすー抜けてしまうようなイメージです。
しかしその後の平成時代は家の断熱、気密性能がどんどん上がった時代でした。
即快適になったかと思いきや、実は換気がおろそかになっていたのです。
その結果建材に使われていた有害物質が家の中にたまり、それを吸い込んで体調不良になってしまうといういわゆる「シックハウス」が社会問題化してしまいました。
その問題に対処するため、機械できっちり管理する「24時間換気」を一般住宅でも実現するよう、義務付けが行われたのでした。
もっと詳しく→「シックハウス症候群」 「VOC」、知らないと危ない!

つまり今の日本で住宅を建てたならば、汚れた空気をノンストップで入れ替える「24時間換気」がある家が100%。
しかしこのシステムの細かい「質」までは法律の指定はありません。
ハウスメーカーの考え方により、質はバラバラなのが現状です。

「断熱」「気密」性能にこだわるなら換気システムは「全熱交換型」にすべき

質を考えなければならない理由は、換気によって家の快適性が損なわれることがあるからです。

クオリティを考えていない換気システムでは、
①外の空気に含まれる花粉やPM2.5等の有害物質が室内に侵入してしまう
②換気した空気とともに冷暖房の熱が外に逃げて不快なうえ、エネルギーと光熱費が無駄になる

という二点の問題が起きるのです。

給気の影響

一つめの問題に対しては、給気側にフィルターを取り付けて対応できるので(フィルター性能に差はあるものの)現在一般的な多くの換気システムがそうなっています。

しかし、このフィルターでは二つ目の問題は解決できません。
熱の出入りまでは管理できないからです。
そこで私たちクレバリーホームは熱の出入りまで管理できる、「全熱交換型」の換気システムを標準仕様で採用しています。

このシステムでは、まず屋外に排出する汚れた空気から熱だけを回収します。
次に、この熱を取り入れた新鮮な外気に移し、室内に送り込みます。
つまり、外の寒気や熱気を室内に入れずに新鮮な空気だけを取り込める、たいへん優秀な換気システムと言えます。
さらに嬉しいのは、熱ロスが少ないので冷暖房費が大幅に節減できること。
住まいの省エネに大きく貢献してくれるのが「全熱交換型」のメリットの一つです。

■全熱交換型換気システム

07熱交換仕組み

 

まとめ~健康になるうえにお財布にもやさしい高品質な換気システム


気密・高断性の高い現代の住まいでは、換気性能は健康や快適性に直結します。
まとめとして見ていただきたいのが下図のグラフ。
長い時間を過ごす家によって、人の健康は影響されるのですが、実際に住まいの環境性能が病気の発症確率を左右するという研究結果がこのように出ています。

■高性能住宅は病気の発生確率が低い

有病確率

クレバリーホームの住まいは、この優れた全熱交換型の換気システムが標準仕様
その換気システムの能力を生かし切る、ハイレベルの断熱・気密性能にも大きな自信を持っています。
快適、健康的、そして経済性にも優れた住まいを建てたいとお考えなら、ぜひ私たちクレバリーホームの支店を訪ねてみてくださいね!

家族と健康、安心の家。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket