「切妻」は基本となる屋根の形 | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

「切妻」は基本となる屋根の形

切妻TOP
子どもに家の絵を描かせたら、たいていはこの切妻屋根を描くくらい、ポピュラーな屋根。
数々ある屋根の形の中でも、今回はこの「切妻」屋根にフォーカスを当ててみます。
日本人に愛されてきた「切妻」屋根。その魅力はどこにあるのでしょう。
 

このコラムでわかること

  • 「切妻」とはどんな屋根のことか
  • 屋根の各部位の名称について
  • 「切妻」屋根が愛されてきた理由

「妻を切る」から「切妻」?

「切妻」とは家の中心線から、山型に二方向へ屋根が落ちるデザインです。
この切妻屋根は、「寄棟(よせむね)」同様、日本の住宅建築において最も基本となる大切な形です。
古代では寄棟屋根よりも格式が上とされ、神社本殿などで見かけることも多い形式で、地方によっては「切屋根」「真屋」などとも呼ばれています。
ca55_img02

「切妻」という名称は、もともとは「妻を切る」というところから来ています。
「妻を切る?! 物騒な…」と思わないでくださいね。
ここで言う「妻」とは、家の部分名称です。
棟に対して直角になる両方の側面を「妻面」と言います。
屋根の、この妻の部分が切れていますよね。
それで「切妻」なのです。
屋根の部分名称

「切妻」屋根が日本で愛されてきた理由

日本で屋根に用いられる材料、例えば瓦や、スレート、金属屋根材などは、葺き重ねる部分に隙間ができます。
ですから、勾配を付ける事が必要です。
この傾きによって、水は隙間部分から浸入する前に流れ落ちていくことになります。
その結果しっかり勾配(屋根の角度、傾き)をつけることができて、雨水の弱点になりやすい接合面も少ない切妻は、雨が多い日本で多用されました。

シンプルですから、伝統的な和風にももちろん、洋風にもあうデザインであるということもメリットの一つと言えます。

まとめ

設計を学ぶときには、凹凸の多い設計で屋根形状に悩んだら切妻や寄棟から考えよ、と教えられることがあるそうです。
複雑な形の屋根も、切妻や寄棟の変形や組み合わせがほとんどだからです。
「どんな屋根がいいかなあ」と思ったら、まずは切妻から想像してみてはいかがでしょうか。

建築に関する素朴な疑問にも、ていねいにお答えします。クレバリーホームの公式サイトはこちら♪

屋根にはどんな形があるの? 屋根の種類いろいろ
屋根の材料 瓦・スレート・金属板、どれがいい?

The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • facebook
  • feedly
  • rss
家を建てるなら絶対知っておくべき減税制度ベスト3!「住宅ローン減税」「すまい給付金」「贈与税の非課税枠」

家を建てる時にいちばんの心配事はやっぱり「お金」。 そこで負担軽減に

タイルの下にはサイディングがある?!外壁タイルがこれほどまでに強い理由

通常はそれ一枚で外壁になる「サイディング」ですが、クレバリーホームの

「日常備蓄」をパントリーと冷蔵庫で!災害に強い家づくり

地震や水害、風害で万が一インフラが切断されてしまっても、備蓄をしてお

総二階とは?地震に強い理由とは?

上下階がほぼ同じ形の二階建てを「総二階」と呼びますが、この形の家は「

両親や祖父母からの住宅資金援助で「贈与税の非課税枠」を利用!

家づくりでは両親や祖父母から住宅資金の援助を受ける場合も多いもの。そ