倒壊要因「抜け」に強い家、ポイントは「金物」だった! 地震で倒壊しない家③ | クレバInfo|くらし楽しく快適に賢い住まいのヒント

倒壊要因「抜け」に強い家、ポイントは「金物」だった! 地震で倒壊しない家③


予知できない大地震で、大切な家族の命と財産を守るのは「倒壊しない強い家」。
ですが、そもそも家はなぜ倒壊するのでしょうか。
倒壊の3つの主要因を解説したのち、今回はその中の「木材の接合部が抜けてしまう」対策を考えます。
柱と柱を繋ぐ「金物」こそがその大事なポイントです。

この記事でわかること

  • 震災で家が倒壊する3つの要因
  • 「抜ける」「抜けない」は接合部、とくに「金物」の性能による
  • 「抜け」に強い金物①柱の欠損が少ない「高精度金物」
  • 「抜け」に強い金物②全方向からの力に強い「柱脚金物」
  • まとめ~細かい一つ一つの積み重ねが「強さ」を生む~

震災で家が倒壊する3つの要因


近年日本で起きている大地震で、多くの家が倒壊や半壊などの被害を受けています。
このように地震が原因で建物が倒壊する場合、そこには三つの要因があると言われています。

それは地震の力で
●構造が「ねじれる
●木材が「折れる
●接合部が「抜ける」 こと。
それぞれが家の構造(骨組)に作用することで、家が倒壊してしまうのです。

これらの倒壊要因については、各ハウスメーカーで様々な対策が取られていますが、今回は、クレバリーホームの家を具体例として「抜け」対策をどのように取るべきか考えてみます。

「抜ける」「抜けない」は接合部、とくに「金物」の問題

地震の揺れの力を受けた際最も力が集中するのが、柱や梁、土台などの接合部です。
その部分の施工精度が低かったり強度に問題があったりする場合、揺れの力に負けて柱や梁が外れたり、基礎から建物が引き抜かれ浮き上がったりすることがあります。

木材同士の連結力を高めるのに大切なのは「金物(かなもの)」と呼ばれる部材です。
現代の木造は一般的に木材と木材を金属製の連結部品でつなぎとめる構造になっていますが、その金属製の連結部品を住宅業界で「金物」と呼ぶのです。
この金物はハウスメーカーによって使っているものが違います。
材質では錆びやすさ耐久性などの質の違い、形状も木材の欠損量が変わるほどの違いがあります。
細かいように見えますが、家全体の構造で見た時に、この金物の果たす役割は決して小さくないのです。
写真はクレバリーの使用する、独自のHSS金物です。
木造住宅は「金物(かなもの)」の強さに注目!

「抜け」に強い金物①柱の欠損が少ない「高精度金物」

一般的な在来工法では木材を削って「仕口」や「継手」と呼ばれる部分を作り組み合わせます。
木材を削る方法にはいろいろありますが、非常に高度な技術が必要となるうえ、複雑な組みの種類を使い分ける必要があります。
また、木材を大きく削っていけばいくほど、木材自体の強度も落ちていきます。

その木材の欠損を最小限に抑えるため、例えばクレバリーホームでは独自形状の高精度HSS金物を採用しています。
この金物により、在来工法に比べ約1.5~3倍の接合強度を実現しています。
また、同じ荷重をかけた場合、変位量が1/10以下と接合部の剛性も高めています
この結果、地震による木材の「抜け」を強固に防ぐことができるのです。

「抜け」に強い金物②全方向からの力に強い「柱脚金物」

また、「抜け」で一番恐ろしいのは基礎から建物が浮き上がって抜けてしまうこと
非常に重たい家にもかかわらず、その家の根本自体が揺らぐ力を地震は持っているということです。
「布基礎」「ベタ基礎」の違いは? どっちがいい?

地震で基礎から構造躯体が浮き上がり、引き抜かれるのを防ぐためには、基礎との連結でも強度の高い金物を使用する必要があります。
一般の在来工法では強度対策として「ホールダウン金物」が使用されますが、この金物の残念なところは外力のかかる方向によって強さが変わってしまうということです。
それに対し、クレバリーが採用する「柱脚金物」は、どの方向からの外力に対しても強さを発揮し、弱点がありません
柱脚金物は、一般的なホールダウン金物の約2倍の耐力を持っています。

まとめ~細かい一つ一つの積み重ねが「強さ」を生む~

地震による「抜く」力に対抗するには、木材同士の連結力を高める金物が大切なことがお分りいただけたかと思います。
今回は力に関して注目したため金物自体の耐久性については述べませんでしたが、ハウスメーカーを選ぶときには、採用している金物の「錆びやすさ」「耐久性」などにも注意してください。
もちろん、クレバリーホームの採用するHSS金物はその材質や塗装の質が高く、非常に強い耐久性を誇ります。
家づくりにあたり、家を作る部材まで考えるのは細かいように思うかもしれませんが、その一つ一つの積み重ねが、家全体としての強い構造をもたらすのです。
家として建ってしまったあとでは替えのきかない、見えない骨組み=構造を構成するものだからこそ、どのハウスメーカーで建てようとも、品質の高い、信頼できる材料、部材を使っていただけたら幸いです。

家づくりでは、デザインも大事、経済性も大事、最新設備や住みやすさ、間取りも大事ですが、あえて一番大切なことを挙げるなら「命をしっかりと守れるかどうか」ということだとクレバリーホームは考えています。
一連の記事では地震による住宅倒壊要因の残りの二つ「ねじれる」「折れる」についても、具体的な対策をご紹介しています。
家の倒壊要因、「ねじれ」に強い家を建てるには? 地震で倒壊しない家①
倒壊要因「折れ」に強い家、「木材」選びのポイントは何? 地震で倒壊しない家②
本当に強く、しかもコストバランスも満足の家を建てたいなら、ぜひ一度、最寄のクレバリーホームまでいらしてくださいね!

強い構造、安心の家。 クレバリーホームの公式サイトはこちら♪CHバナー2



The following two tabs change content below.
クレバリーホーム

クレバリーホーム

「あなたの期待を超える家づくり。」をテーマに掲げて全国で家づくりのお手伝いをしているクレバリーホームが、賢い家づくりを叶えてもらえるように、家づくりのヒントになる様々な情報をお届けします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket